プロフィール
名前:Line Break(ラインブレイク)
一言:Line Break は釣りを中心としたアウトドア活動を行う、三重大学の公認サークルです。
ブラックバス釣りの好きな人達の集まりから始まったサークルですが、 最近では、バス釣り、海釣り、浜遊び、キャンプ、さらに冬季はスノボーなど、アウトドア活動全般を楽しんでいます。 サークルの公式活動は、主に土曜日に行っていますが、それ以外の日にも、仲間同士で声を掛け合って活動しています。
 当サークルは、釣りの初心者から、筋金入りの釣り好きまで、 幅広いレベルの人が楽しんでいます。 それまでは釣りの経験がほとんどなく、サークルに入ってから始めて、その魅力にすっかりはまってしまった人もいます。
  釣り以外にも、バレーボールしたり、フットサルしたり、ボウリングしたり、カラオケ行ったり、飲み会やったり・・・楽しいこと・ 面白いこと大歓迎のサークルです。

リンク集
ラインブレイクHP
firepocky
Fine Boze !
釣りバっカ日記 of Yamao
検索
 
ラインブレイクの方へ

投稿の方法はこちら

2013年09月21日

トカラ釣行記 ルアー編「根掛かりの恐怖」

横田です!トカラに続き磯合宿も台風・・・
最近自分が雨男なのでは?と感じてます

トカラ釣行記 ルアー編その1です。
全体の流れやタックルデータは石井の無駄にめっちゃ詳しいのを参考にしてください。

IMGP8322.jpg

なんやかんやでトカラ列島中之島に着き、なんやかんやでヤルセ灯台で灯台で釣ることになった一行。
IMGP7863.jpg
ロリさんが軽トラを宿に返して走って戻ってくるのに1時間20分くらい掛かっていた。本来ならねぎらいの一言も掛けるべきだったが釣りのことで頭が一杯になっていたので、第一声から
「そこら辺の適当な荷物持ってきてください!!」とお疲れの先輩に叫びクズっぷりを発揮する。
ロリさんすみません。
RIMG0380.jpg
そんななか松田がダニに気付き
「うわぁ!!ダニや!!体中におる!ふっざけんな!くそ!ふっっざけんな!」と騒いでいた。自分とロリさんは1日目にしてダニのことについては諦めた。


1日目は本拠地の設営などで時間を取られたり、入りたいポイントに波が被っていたこともあり、ほとんどルアーは投げれなかった。
夜ショアジギングもやろうかと考えたがものすごいスコールと劣悪な足場を前に心が折れ早々に切り上げた。ロリさんはクエっぽいのを釣っていた。流石である。
石井と松田は根掛かりに負け寝ていた。

正直このときは、根掛かりに負けるなんて情けないぞと思っていた。



2日目
遂に本格的にトカラの釣りが始まるぜ!!と意気揚々と朝間詰めを迎えたが相変わらず波は高かった。渋々湾内で沖縄MANBIKAに150gのソルティアポッパーを投げるが全く釣れる気がしない。それどころかタックルが重すぎて腕が肩より上に上がらなくなった。
beji10.gifキャスト毎に確実に体力の数%が削られていく・・・
段々むかついてきて

糞がー!重ぇよ!と一人で切れていた。

ならばジギングをやろうとロッドをNEWアイテムのカマジャ(通称:物干し竿)に換え、目の前が深くなってそうな高台に移動しそこからからジグをキャスト。まずは水深を測る。

さーて底まで何mかな〜?
ん〜?PEが一色半くらいしか出て行かないぞ?見間違いかな?
もいっかいキャスト!

( ^ω^)・・・・

やっぱりPEは一色半しか出て行かなかった。一番深そうなところでも17mもなかった・・・・
ジギングをする上では致命的な浅さである。
(というか底物でもきついんじゃあないか?)
この深さでもやったるわーと、半ばヤケになりながらもジグをしゃくっていると案の定根掛かった。

しかし、この時まだ横田は根掛かりの恐ろしさを知らなかったのであった・・・。

「ま、まままあ手袋厚いし引っ張れば切れるだろ・・・」
と安直に考えていたのは完全に間違いだった。
PE8号+170ポンドリーダーの強度はすさまじく手で引っ張っると肉が切れそうになっても全く切れる気配がしない。

かといってリールのドラグをMAXにしてタックルごとひっぱてもドラグが出て行くばかりでリールがぶっ壊れそうな音を出している!
大物用のリールはタリスマン一つしか持ってこなかったのでこれが壊れればこの釣行はOUTである。

そこで、松田自作のアルミ製ラインカッターの使用を試みるも本当にに切れない。他の3人はこんな根掛かりと闘っていたのか!?
201210144.jpg

加えてヤルセ灯台は磯の形がノコギリの様な形をした地獄の磯なので後ろに体重を掛けるのも容易ではない。しかも釣り場の高さが10m弱あり非常に危ない。
もう放置して昼寝してやろうかとも思ったが、ほおって置いても仕方がないので、覚悟を決めて
0.jpg
「うおお!クソったれーーーーーー!!タックルが壊れたら承知せんぞーーーー!」とサイヤ人の王子風に思いっきりラインカッターを引っ張ると

ブチィ

と嫌な音が目の前で聞こえた。
そう、PEはラインカッターのすぐ先で切れていた。
つまり キャスト分60m+底までの距離17m で合計77mものPEをロスとしたことになった。

タリスマンの糸巻き量はPE8号200mであり、残ったPEは123mとなった。はっきり言ってこのスプールに巻かれているPEの量ではトカラのGTには全く対応できない。

なぜなら巨GTは掛かってから最高100mも沖に走ることがあるそうだからだ。それ故スプールには本当に最低でも150mは糸が巻かれている必要があり、このスプールに残ったPEは何の利用価値もない高価なゴミとなりはてた。
今回の釣行は念には念を入れ600mPEを持って行ったので助かったが、もしけちっていたらと思うと本当にぞっとする。
もし南方に長期遠征をこれから初めてやってみようと考える人がいたら、絶対に替えスプールと予備糸とアルミ製ラインカッターを持って行くことをお奨めする。


なんにせよ今回の事件で自分の頭には

「根掛かり!駄目ゼッタイ!」という言葉が深く刻み込まれた。石井、松田、情けないなんて思ってすまない。


完全に大物釣りのやる気を無くした自分は、波の収まってきた湾内で小物釣りでもしようとイソイソ準備を始めた。

用意したのは普段使っているコルトスナイパー100MHにバイオマスターSW8000。
紀東〜紀南ではまぁまぁ強いタックルだが、トカラ列島の巨大魚の前ではワクワク釣りセット同然である。
石井からも「穴釣りに持ってけば?コルトスナイパー。」
と言われていた。



誰かににイカでも借りようと思っていたら、なにやらロリさんが後ろー!後ろーー!と騒いでいる。

後ろを振り向くとなんとおびただしい数の黒い魚体(恐らくギンガメアジ)が湾内に回ってきているではないか!!

急いで今までつけていたジェット天秤をスナップに付け替えスナップにルアーを通す!だが焦ってしまい中々うまくいかない!チクショウ!
ようやくルアーを付け終え、湾に向かってキャスト!


したが、すでに群れは何処かに去っていた・・・・・・

自分のごみっぷりに嫌気がさす・・・・が、まだはぐれの魚が居るかもしれないので渋々キャストを続けた。
30分ほどルアーをローテションしながら投げ続け、ルアーサイズをシーバスルアーのショアラインシャイナーまで落とし少し沖にある磯の奥にルアーを通したそのとき!


ギュイ!ギュギュギュギュギュ!!


いきなりドラグがうなりを上げた!


とりあえずあわせを決めたが、掛けたのは磯の近く。これは切れたか!?と思ったがどうやら魚は沖に向かって走っているようだ。
サイズもあまり大きくないようで5秒くらいドラグが出たと思ったらあまり引かなくなってしまった。

とりあえずドラグを少し締め、磯にすれない位置に誘導してから巻き上げ開始!最後はロリさんに手伝ってもらいランディング完了!どうやら60cmくらいのカスミアジのようだ

やった!!ルアーでトカラ初フィッシュゲット!!
IMGP8082.jpg
はっきり言ってターゲット外の小ささなので馬鹿にされるかもしれないが、それでも嬉しい。
前情報通りヒラアジ系の魚は最初の走りが鋭いことも確認できた。次はドラグをもっと閉めていこう!

と言うか、いつものタックルで釣ってしまった・・・・
なんのためにあんな強いタックルを買ったんだと少し反省である。


それから投げ続けるも当たりは無く、夕方になってしまった。
その晩はカスミアジを刺身と塩焼きで食べた。
IMGP8105.jpg

刺身は淡泊な味で美味しい!しかし塩焼きは脂がのっていないのではっきり言ってまずかった・・・





とりあえずこんなところで前半その1は終了。
その2は「恐怖の夜ショアジギング」・「横田石井粗相の巻」・「横田ランニング編」「松田の激臭靴下」から書く予定です。


posted by LineBreaker | Comment(3) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カスミアジの刺身はあの極限の中での癒しだったなー!凄いおいしかった!
塩焼きはまあ。牛糞で焼こうとしたしね。
やばいくらいまずかったね。
Posted by いしい at 2013年09月21日
軽トラ返却後の厳しい当り…泣けた

横田の文才に後半も期待!
Posted by ロリ at 2013年09月23日
横田石井粗相の巻

詳しくお願い!
Posted by 最長老 at 2013年09月24日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。