プロフィール
名前:Line Break(ラインブレイク)
一言:Line Break は釣りを中心としたアウトドア活動を行う、三重大学の公認サークルです。
ブラックバス釣りの好きな人達の集まりから始まったサークルですが、 最近では、バス釣り、海釣り、浜遊び、キャンプ、さらに冬季はスノボーなど、アウトドア活動全般を楽しんでいます。 サークルの公式活動は、主に土曜日に行っていますが、それ以外の日にも、仲間同士で声を掛け合って活動しています。
 当サークルは、釣りの初心者から、筋金入りの釣り好きまで、 幅広いレベルの人が楽しんでいます。 それまでは釣りの経験がほとんどなく、サークルに入ってから始めて、その魅力にすっかりはまってしまった人もいます。
  釣り以外にも、バレーボールしたり、フットサルしたり、ボウリングしたり、カラオケ行ったり、飲み会やったり・・・楽しいこと・ 面白いこと大歓迎のサークルです。

リンク集
ラインブレイクHP
firepocky
Fine Boze !
釣りバっカ日記 of Yamao
検索
 
ラインブレイクの方へ

投稿の方法はこちら

2011年04月05日

非天時、雖十堯不能冬生一穂?

「どうしたら良いんだ・・・」

重苦しい沈黙がボートを包む。
4/2午後2時過ぎ、琵琶湖南湖ランカーハウス寺田前にて。B:B艇の釣果は未だ0であった。先程から隣のアキとの会話はほとんど無い。


何か話さなくては・・・早く釣らせなくては・・・早く釣らなくては・・・

だけど、分からない分からない分からない・・・・・・・・・












〜4/1夜、堤家にて〜

「チョウセンガッチョが出るぞ!!」

聞いたことも無いネタで笑わせたかと思えば、

「この前50cm後半足元でバラシたわ(笑)」

と格の違いを見せつける・・・話し声の主は、ゆうちさんである。

何故ゆうちさんが堤家に居るかと言うと、B:Bが4/2の琵琶湖釣行に誘ったところ快諾してくれ、ゆうちさんのアシが無い(ゆうさんも誘ったが引越しで忙しかった)ので三重から一緒に行く事になったからだ。

ゆうちさんの話はとても面白く、同世代の寺尾さんがいたこともあって昔話に花が咲いた。実は2日の釣行には寺尾さんも同行することになっていたが、お約束通り解散は午前2時頃でその後の準備に追われ3人ともほぼ徹夜で集合する羽目になった。





〜4/2午前3時30分〜
教育前に集合したのはB:B、ゆうちさん、寺尾さん、そして紅一点のアキである。アキは1日にもあずりに行っていたが、この前琵琶湖でボウズだったのが悔しかったらしい。凄い根性だ。



琵琶湖に向かう車の中で、

「B:B、アキに釣らせたらなアカンで(笑)」

ゆうちさんにそう茶化されるも、B:Bはこの前の琵琶湖でサキと同船し自分でも40UP3本、サキにも1バイト取らせた(ラインブレイクしたけど)ので自信満々で、

「いや〜、絶対釣らせて見せますよ。てゆーか寺尾さんには勝ちます、バサーとして。ゆうちさんにも負けたくないですねぇ。」

なんて言いながら余裕ぶっていた。この時点でフラグは既に立っていたのかもしれない。





〜午前6時30分〜
ランカーハウス寺田から手漕ぎで出船。ボート割りはB:B&アキ、ゆうちさん&寺尾さんになった。

B:Bはまず近場でアンカーを下ろし、アキにノット、グリッピング、キャスト、リグの種類と操作を一通り教えた。状況としては晴天無風で北からの水がワンドの中にまで入ってきており透明度がかなり高い印象だったので、B:Bはミドスト、アキにはジグヘッドを使わせ、2人ともライトリグから入ることにした。





〜午前9時前〜
右のエリ周りでミドスト、ジグヘッド、ダウンショット、ノーシンカー、ありとあらゆる手を尽くしても1バイトのみで、周りのボートも全く釣れていない。ゆうちさんから電話があるも、ゆうちさん艇も30ちょっとが1匹のみらしい。土曜日ということもあり、ボートの密度と共にプレッシャーも高まっていることがタフな状況に拍車をかけているようだ。





〜午前10時頃〜
ゆうちさん艇から電話。

「さっきエリより沖のラインで45と47が連続で釣れたで。」

聞くと、ほとんど無風の風にボートを任せてゆっくり流されながら1gもないようなシンカーのスプリットをズル引きしていたらギルバイトがあり、気になって撃ちなおしたら連続でヒットしたらしい。

「釣らせるため、釣るためには手段を選んでいられない・・・」
パクるため速攻でゆうちさん艇のラインまで漕ぎ出すことにした。





〜午前11時頃〜
B:B「釣れないね・・・」

アキ「そうですね・・・」

先ほどから2人の間に会話はほとんど無く、聞こえてくるのはゆうちさん艇のドラグ音だけ・・・寺尾さんに至っては寝ながらエギングロッド(しかもPEセッティング)でバスを掛けている!ゆうちさん艇とは20mも離れておらず、B:Bもアキも全く同じスプリットリグを試しているのに、なぜか2人ともアタリすら無い・・・ゆうちさんと寺尾さんの結論は、

「B:Bの負のオーラのせい。」
事実、B:Bとアキが苦戦している間にも寺尾さんは50UPを足元でバラシ、ゆうちさんは40UPを3,4本釣り上げており、自分でも技量にほとんど関係の無いこの釣り方で釣果にこれほどの差があるのは信じられなかった。


どうにかしようと頑張って小移動を繰り返し、同じように風に流されながらスプリットを続けるが、全く反応を得られない。そうこうしている間に琵琶湖特有の昼からの風が吹き出し、シンカーがボートの流れについて来れずにボトムから浮き出した。隣のアキはもはや半分寝てしまっている・・・

自分なりに考えたところ、この日のバス(特に沖側)は
・少しボトムからは浮いている(寺尾さんがフォールでアタリを取った)
・巻物、ミドストのような速い横の動きには食ってこない
・シェイクのような人為的なアクションは効かない
・バルキーでないストレート系の小さい地味なカラーのワームにしか食ってこない
こんな感じだったのではないだろうか。

{・・・一体、こんな状況でどう釣れというのか。自分のことで手一杯だ・・・話そうと思っても、釣れない人のレクなど何の説得力もないしただウザいだけだし、かと言って釣り以外の話なんて全く出来ないし・・・大体女の子と話したこと自体ほとんどないし・・・}

不安と焦りがB:Bを更に暗く寡黙にさせ、ボートは完全に沈黙した。





〜午後1時〜
一旦トイレ休憩に戻る。

{アキがこのまま釣れなかったらどうしよう・・・とりあえず釣って、バス釣りの楽しさを少しでも分かってもらいたかったのに、自分さえ釣れていないという不甲斐なさ。気持ち悪いし話も全然出来ないし、絶対嫌われた・・・もう駄目かも・・・}

自分の釣獲力の無さとコミュ力の無さに絶望しつつ、再スタート。はっきり言って、もう何をやっても駄目な気しかしなかった。





〜午後2時頃〜
「こんなタフな状況でもチャンスがあるとすれば、ストラクチャー絡みだ・・・北東の風だから、左のエリの南西側に付けばボートポジションもキープしやすいし釣りもしやすいだろう。」

祈るような思いで逆風の中ボートを漕ぎ、左のエリの南西側にアンカーを下ろす。アキにカットテール4inのダウンショットをリグり、2人で黙々とキャストを繰り返す。

・・・が、全く釣れない。
すると、ゆうちさん艇が近づいてきて、ネコリグを貸してくれた。

アキ「どうやって動かすんですか?」

B:B「朝教えたダウンショットやジグヘッドと一緒や。」
実はこの時、自分ではあまりリグを動かさないほうが良いと感じていたが、いちいち口に出すとウザいと思われるんじゃないかと不安だったし、正直に言うと自分のことで手一杯で面倒だったということもあって黙っていた。最低な先輩だ。


見かねたゆうちさんが、横にゆっくりロッドを裁いて見せ、真似するように言った。横に裁くのはラインを寝かせて存在感を消すためなのだろう。

「B:B、ちゃんと動きを見せて教えたらなかんで。」
こう言われて目が覚めたが、アキはずっとゆうちさんのほうを見ている。同じボートに乗っているのに、距離が遠い・・・何が「絶対釣らせる」だ。俺とのボート、アキは絶対つまらなかったと思う。だって、俺もつまらなかったから。

自己嫌悪に陥りながら、ゆうちさんの指示通りもう一度先ほどのダウンショットをアキのタックルにリグる。


そして数投後・・・









ジィィイィイイイィィィィィィッッ!!!!!






アキのエンブレムXのドラグが唸りを上げた。

B:B「とにかく巻け!ロッドを曲げろ!」
ドラグの調整だけはしっかりしておいたので、6lbラインを信じてバラさないようファイトさせる。だが、最初の対応が遅れたのかバスはウィードに突っ込み、全く出て来ない。












そして10分後、ボートの上にはランカーが転がっていた。
ボートをウィードの裏側に動かし、バスを引き剥がすことに成功したのだ。


メジャーで計ると・・・






50cm!!



バス釣り2回目で初バスが50UPとは、本当に凄いことだ。



しかも、アキの快進撃は止まらない。
先ほどの50cmでコツを掴んだのか、続いて30チョイをGET!!しかも今度はアワセも決め、ランディングまで全て自分でこなしていた。








こうして琵琶湖釣行は大成功に終わった。釣果は、
ゆうちさん:40UP7本、30チョイ1本、50UPバラシ
寺尾さん:40UP2本、50UPバラシ
アキ:50cm、30チョイ1本
と大漁である。




・・・ただ一人の男を除いて。
現代社会のねじれから生まれたゴミ屑の、哀れな末路ですな。

アキ、本当にごめんなさい。



[ゴミ屑タックル]
・ファーレンハイトPV−1610M+アルデバランMg7+目探シューター10lb
・コンプレックス263L+08イグニス2506+目探インビジブル5lb


posted by LineBreaker | Comment(15) | Bass | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うそん
俺ランカー釣るまで9年かかったんやけど・・・


BB、よくやった。

アキは持ってるね〜
Posted by 持ってないOB at 2011年04月05日
B:Bさん釣らせるの上手いっすねー

あきはセンスあるなー♪
Posted by 50upまで12年かかったザガー at 2011年04月05日
朝鮮ガッチョ(笑)

オレもうハンドランディングできやんわ。



Posted by "夢の中2”で55釣って以来ご無沙汰のづめ at 2011年04月05日
完全にアキに抜かれたような気が・・・

回想から入る釣行記の書き方は斬新ですね

チョウセンガッチョはかなりツボに入りました笑

Posted by 高一でガリガリの50upに歓喜したカバ丸 at 2011年04月05日
よー釣れとるね。

BBは殺気で過ぎてライン通してバスに伝わってるんでしょう…

あー、もうバス釣りの仕方忘れました。

今は青物釣りたい…
Posted by 初50upは大学2年高山ダムにて はたえ at 2011年04月06日
釣果ヤバいっすね〜、これは頑張らないと…
Posted by 明日の琵琶湖に燃えるF at 2011年04月06日
釣果ヤバいっすね〜、これは頑張らないと…
Posted by 今日の琵琶湖に燃えるF at 2011年04月06日
さすがですね‐

負けた気がするとやる気でますね!!
Posted by 今日はとりあえずシーバスを釣りたいA at 2011年04月06日
アキ、想像以上ですね
まずは追いつかないといけないです…

明日(今日?)は琵琶湖で気合入れてきます
Posted by 新タックルはTradArtsとnewロリームス at 2011年04月06日
初バスで50……

今年のバストーナメントはレディースの活躍に期待してます。
Posted by 折れたバスワンでバスT軍曹 at 2011年04月06日
8ftエギロッド+イグジスト+PEフロロ8ポンド+ガン玉Bを15c間隔で三連結のスプリット(笑)

結構しっくりきたで!今年はこれでいけそうだわ。
ゆーちは上手かった。バス釣りでは勝てる気がせんかったわ。

でも、三ヶ月ぶりの釣りでまったく満たされないのはなぜ?
Posted by 湖上の昼寝は最高やわラテオ at 2011年04月06日
》ゆうさん?(違ったらごめんなさい)
俺もランカー釣るまでに5年かかりました・・・
ボート漕ぎとランディング以外、本当に何にもしてないので、アキの実力は相当なものです。今後に期待!!



》安井さん
・・・こんなつまらん先輩と乗っても釣ってくれたことが唯一の救いです。今年のトーナメントが楽しみ&ちょっと俺ヤバイ・・・



》ヅメさん
ゆうちさんの話術はヤマさんとは違うベクトルの面白さです!またゆうちさんと釣り行ってみたいです。



》カバ丸
フラフラしてるとあっという間に抜かれてしまうよ。俺はもう負けた・・・



》はたえさん
当日はかなりタフな状況で周りも釣れてなく、ゆうちさんが上手すぎだったというのもあります。が、俺の釣果は逆に奇跡(笑)精進します。



》ふじー
大切なことなので(ry
ってか?(笑)まぁ俺は藤井以上に焦ってるけどな!!!一緒に頑張ろう・・・打倒レディース。



》A(アキモト?)
ゆうちさんと寺尾さんは流石だったわ。悔しいけど、まだまだあの2人には勝てないと実感したわ。アキにはやる気すらへし折られそうになったけどな!!



》古川
トラッドアーツとフリームス買ったのか!!どっちも良い道具だと思うから、使用感とか教えてくれ〜
古川の釣りキチっぷりはライントップクラスだから、1年生にちゃんと教えたってな。



》軍曹
レディースに期待を抱いているところで申し訳ないが・・・勝つのは俺だ。すまんね。←なんて大人気ない・・・



》寺尾さん
何で、何で寺尾さんに負けたのでしょう・・・本当に悔しいです。俺は1匹でも釣れたら満たされるというのに。でもあのスプリットは理にかなっているので、パクらせてもらいます(笑)
ゆうちさんのあの上手さは何なんでしょうね・・・多分あの日のラン寺の釣果ならトップ3に入ってますよ。
Posted by B:B at 2011年04月06日
たぶんそのコメント武内だよ(笑)

にしてもBBは釣行記かくのうまいなー関心するわw
Posted by これからはザガーではなくガサーの安井 at 2011年04月06日
同船者に釣らせてあげるのも十分実力のうちだと思うよ。
俺は今日アキコに釣らせてあげられなかった。

今度は堤とお揃いの留年ザッツで七色行こうか(笑)
Posted by 他人に釣らせるのが下手なダーニシ at 2011年04月07日
》安井さん
すみません、間違えました・・・

釣りもうまいなーと言われるように頑張ります(笑)



》西田さん
当日の俺は正に「男は漕ぐ機械」状態でした。俺の選んだポイントで釣ってもらえたことだけが唯一の救いです。

・・・車のことは、親への感謝とぼんやりとした不安が混ざり合っています・・・
Posted by あれはB:B at 2011年04月07日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。