プロフィール
名前:Line Break(ラインブレイク)
一言:Line Break は釣りを中心としたアウトドア活動を行う、三重大学の公認サークルです。
ブラックバス釣りの好きな人達の集まりから始まったサークルですが、 最近では、バス釣り、海釣り、浜遊び、キャンプ、さらに冬季はスノボーなど、アウトドア活動全般を楽しんでいます。 サークルの公式活動は、主に土曜日に行っていますが、それ以外の日にも、仲間同士で声を掛け合って活動しています。
 当サークルは、釣りの初心者から、筋金入りの釣り好きまで、 幅広いレベルの人が楽しんでいます。 それまでは釣りの経験がほとんどなく、サークルに入ってから始めて、その魅力にすっかりはまってしまった人もいます。
  釣り以外にも、バレーボールしたり、フットサルしたり、ボウリングしたり、カラオケ行ったり、飲み会やったり・・・楽しいこと・ 面白いこと大歓迎のサークルです。

リンク集
ラインブレイクHP
firepocky
Fine Boze !
釣りバっカ日記 of Yamao
検索
 
ラインブレイクの方へ

投稿の方法はこちら

2011年02月26日

記録よりも記憶に。

これは、とある4人のラインブレイカーの釣行記である。





2/24にTTM部屋で開かれた軍曹主催の餃子パーティーは深夜12時近くまで続いた。といっても、流石に25日の午前1時ともなるとお開き状態となり、部屋に残っているのは武内と軍曹とB:B、そしてM2の龍君さんと飲み直しに来たジーコさんの5人だけとなった。武内と軍曹は5時から海釣りに行く予定で、B:Bも同じく西田さんと君ヶ野ダムに行く約束をしていたので、一晩明かすつもりで歓談が続く。



実は、このときB:Bは琵琶湖に行きたい衝動を抑えられずにいた。師匠であるゆうさんが琵琶湖南湖で60UPをキャッチしたらしい・・・B:Bは既に、周りの会話がほとんど聞こえなくなっていた。君ヶ野ダムに行くつもりはもはや完全に無い。


フラストレーションが2次関数的に増大しMAXに達すると、B:Bはおもむろに話しだした。


B:B「・・・・・・ジーコさん、今から琵琶湖に行きましょう。」

ジーコさん「・・・エ!!!?」

B:B「いや、行きましょう。3月に一緒に行きますけど、今日も行きましょう。」

ジーコさん「・・・いや日曜なら空いてる!日曜なら行ける!明日は培養が・・・」


しかし、B:Bは止まらない。


B:B「日曜は天気悪いみたいです。今日なら降水確率40%です。それに今なら水温も高そうです。ランテラの釣果も上がってきてます。日曜はプレッシャーが高いかもしれません。車も俺が出します。」

ジーコさん「いや確かに培養は月曜までにやれば良いんだけど・・・でも・・・いや俺も2,3年の時だったら間違いなく迷いなく行ってた!!うん・・・」


ここで龍君さんが突然口を開いた。


龍君さん「・・・・・・俺、こーじが行くなら行くわ。」


時計の針は既に2時半を指している。もし行くなら準備の時間を含めてギリギリだ。


ジーコさん「・・・」

B:B「行くしか無いです。」

ジーコさん「マジか・・・」


こうして急遽、琵琶湖釣行が決定した。





4時半、迎えに行った時の西田さんは明らかにテンションダダ下がりの激萎え状態だった。晴れの君ヶ野ダムでゆっくり釣行&水谷釣り具というプランが午前3時に変更されていきなり琵琶湖釣行となってはそれも当然である。



B:Bのテンションは異常に高く、学校でM2の2人を乗せてから琵琶湖に着くまではあっという間に感じた。ラストコンビニでランテラに予約の電話をする。

B:B「すみません、ボートの予約をしたいのですが。」

ランテラ「はい、何日でしょう?」

B:B「今日です。手漕ぎを2艇、寺田でお願いします。」

ランテラ「!?・・・何時頃来られます?」

B:B「もう着きます。」

ランテラ「!!?・・・分かりました、準備しておきます。」


電話通り15分後にはランテラに到着。無茶な予約でもきっちりボートを出してくれたランテラには本当に感謝である。ちなみにボート割はB:B&龍君さんチームと西田さん&ジーコさんチームとなった。



ボートに乗り込み、釣り開始。

2艇ともシャローはスルーし左のエリを目指が、完全に枯れたウィードが引っ掛かってくるだけなので速攻で移動。B:B艇は左の岬周りを攻めることにした。

龍君さんはカットテールのスプリット、B:Bは3/4ozのスコーンで攻めるが、如何せんスコーンでは枯れウィードを感知し難いので1/2ozのJ-クラスターに変更してウィードレス性を高めたり、スローなバスを食わせるためにキッカーイーターSPのストップ&ゴーでポーズを長めにとるなど工夫を重ねる。


・・・が、2人とも全くアタリが無い!!
水温は9.6℃、天気は曇りで微風と悪い状況ではないので信じて釣りを続けるが、次第に釣れるビジョンが見えなくなってしまった。


その時、ポパイのほうから流れてくるゴムボートを発見。乗っている2人はなんだか見おぼえがあるような・・・笑い声が聞こえた瞬間、確信して思わず電話する。


B:B「・・・ひょっとして、今琵琶湖にいます?」

ゆうさん「おぉ、やっぱりお前か!ゆうち、やっぱりアレB:Bだったって。」

B:B「(!!・・・なにこの奇跡)」

ゆうさん「そっちはどう?釣れてる?」

B:B「いや、全くです。ゆうさんはどうです?」

ゆうさん「う〜ん、俺はイマイチだけど、ゆうちはポパイ前のエリでルドラで40UP二本、係留船の間でミドストで30後半1本かな。今はオスを威嚇系のルアーで狙ってる。」

B:B「(オスを?威嚇系で?てかゆうちさんパネェ!)・・・分かりました、また釣れたら連絡します。」

ゆうさん「おう、頑張れよ〜。」


(やはり天気のおかげでバスは浮き気味であり、俺の今の釣りでも十分狙える・・・大切なのはエリア選択だ。オスを威嚇系でねらうのもありなのか・・・メスがまだ入ってきてないなら、そのほうがキャッチ率は上がるかも。)


この会話でヒントを掴んだB:Bが選んだのは、ウォーターランドのスピンソニック1/2oz(ブルーシルバー)。スコーンやキッカーイーターで喰わない以上、デカめのルアーは効果薄。その上、10時頃から晴れ間がのぞき始めたので威嚇とリアクションを狙うなら金属系のカラーしかない・・・この条件に当てはまるB:Bの持っているルアーはスピンソニックしかなかった。



B:Bはスピンソニックで未だ釣ったことが無い。しかし、そんな不安は数投で払拭された。ウィードトップを掠めるように巻いていくと、ひったくるようなアタリが!!柔軟なティップを持つファーレンハイトPV1610Mでいなし、難なく取り込むことができた。サイズは35p位。

スピンソニックはかなりハマっていたようで、小移動後にもまた35p位をキャッチ。しかしこの時にフックポイントが折れてしまい、その上たか切れで殉職してしまった・・・スピンソニックはその1つしか無く、代替としてリトルマックスを使うがウォブルが強すぎてウィードを拾いまくり、使い物にならない。結局、この釣り方を諦めるしかなかった。




この後はスワンプのジグヘッドワッキーを使い、龍君さんのスプリットと一緒に北風に流されながら岬周りを流すが、全く釣れない。確認のために西田さん艇に電話するが、2人ともまだボウズらしい。




12時過ぎになると天気が急変し、北東から強風が吹き出してかなり荒れてきた。元々テンションがおかしかったB:Bと龍君さんの会話はここになって更に酷くなり、B:Bは「風が吹いたらスピナーベイト」という田辺哲男の言葉を信じて何も考えずにスーパースローロール3/4ozをゆっくり巻きながら話しまくっていた。


B:B「・・・っとまぁそういうわけでぇ、俺は○○が好きなんですよ、あの男っぽいところが!曲も良いですよね〜。でも××も好きです、あの常識人なところが。てか3面から良い曲多いですね〜。***もそうじゃないですか。####はマジでカリスマ全開ですよ!まぁ好みはどっちかって言ったらロリよりおねぇさんタイプですか。だから△△ももちろん好きですよ!まだプレイはしてないんですけど、2次創作だと良いキャラしてることが多いんですよ。そうそう、人気投票しました?俺はしてないんですが、一人5票は少ないですよ!俺、嫌いなキャラは◎◎だけですから!投票するならやっぱり1番は○○ですかね〜。てか2次創作が酷すぎるんですよ。××が掘りキャラとか、本当にやめて欲しいですよ!俺は曲から入って2次創作見て原作っていうにわか厨タイプなんですが、それにしても流行りだから売れるだろみたいな2次創作は見てて腹立ちますね。でもインストアレンジ曲は良いのが多いですよ、○○の曲とか・・・っとまぁそういうわけでぇ、俺は○○が好きなんですよ、あの男っぽいところが!もこた・・・」






『ゴッッッッ!!』






B:B「ん?」
朝の35pとは全く違う重量感で、スラップショットFEのリフトが止まる。ヤバいと思ってとっさに2度アワセし、ファイトに入ろうかというところで痛恨のフックアウト。


B:B「・・・・・・インしたお。」









結局、この後は荒れすぎてバスが沈んだのか全く反応が無くなり、天候も加味して3時過ぎには撤収することに。最後にボート屋のおっちゃんから衝撃の一言。


おっちゃん「・・・入ってるねぇ!!」

4人「(?・・・・・・何が?)」

おっちゃん「もうシャローにバス入ってるねぇ!!さっきここの目の前で50UP釣って来はったよ。」


そういえばゆうちさんが釣ったという係留船のエリアも水深は1〜2m程しかない。今後の天気次第では、かなり早めにシャローでデカバスが狙えるかもしれない。





≪使用タックル≫
スラップショットFE+05メタニウムXTレフトハンドル+バスザイルR20lb.
ファーレンハイトPV1610M+アルデバランMg7レフトハンドル+バニッシュウルトラ10lb.
エッジマスター+ブラディア(RCS2508スプール換装)+パワープロ1号(リーダーフロロ10lb.)



                                 

                                           〜〜完〜〜









この釣行は、釣果は俺の2匹だけ(しかもゆうさんとゆうちさんの電話が無かったら多分ボウズ)とはいえかなり楽しく釣りできたし、何より車の中の会話も楽しかったです。つまらない釣行なんて無いんですね。俺の勝手な滾りに付き合ってくれた先輩3人には本当に感謝してます。





関係無いけど、今の1年が2年になる実感が全くない。なんか、まだ新入生みたいに思う。俺もそうだったのかなぁ・・・


posted by LineBreaker | Comment(6) | Bass | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BBさんのみならず、先輩方の行動力に脱帽です


こんなこと言ったら失礼なのは百も承知ですが
僕が入学した2年前は「釣れない」キャラだと思っていたBBさん
最近、それがただの風評だったと思わずにはいられません

僕もいつかは「釣る」人に…
Posted by いつの間にか2年が過ぎたロリ at 2011年02月27日
入学したころはボウズの代表格だった「ゆうさん」がいつの間にか自分で魚を見つけ2月にロクマルをキャッチするぼどの腕前に…もう彼に勝てる気がしません。

BBも最近変わってきたきがするよ。今年はかなり進化の年?になるかもね。
でも、学校サボっちゃだめよ(笑)


一度あがったバスがディープに戻ることは無いから、これからミオ筋狙いかな
Posted by バスつりは引退したはたえ at 2011年02月27日
何故この実力で今年総合優勝を逃したのか。
そう感じさせる技を見た!
来年B:B来るよ!!
幸運にもB:Bの同船者は色々教えてもらうと吉ですよ!

しかしボーズのまま卒業は嫌だなあ…こーじさん!

それにしても船上でのB:Bのセリフ「全部読みました。」は腹抱えて笑ったわ、いやB:Bはスゲエよ!
Posted by M2龍 at 2011年02月27日
It's a Linebreak.そんなノリ。
完全に心火付けられました…見事鎮火したけど。
ボーズ…人生甘く無いっすわ。
でも内容濃かったですわ。

火くすぶってる間に次の釣行行かねば。
次はドコにしようかなー
Posted by 唯一見た魚は20m先で見知らぬバサーが釣ったシルエット G at 2011年02月28日
≫古川
俺はまだ「釣る人」じゃないなぁ(笑)実際、一年の時は酷かったし、昨日は藤井に負けたしね。サークル内でバスでは誰にも負けないようになりたい。


≫はたえさん
確かにキャッチ率は上がってきましたが、まだまだです。ゆうさんとゆうちさんを目指して頑張ります!!


≫龍君さん
「ラインのバサーは伊達じゃない!!」後輩からそう思われるように頑張ります(笑)
3000冊は思い返すとアホとしか言いようがない・・・


≫じーこさん
まさか本当に来てもらえるとは思ってませんでした。やっぱりラインは最高です!3月もまた行きましょう(笑)
Posted by 2日後はボウズだったB:B at 2011年02月28日
間違いなく,現役でバス釣りが一番好きで上手いのはB:Bだと思う.
あのコンディションの中ちゃんと釣るからなあ.今年のバストーナメントが楽しみです.

いや〜でも車内の会話は確かに楽しかった(笑)

また一緒に釣り行こか!
Posted by そろそろ魚を釣りたいダーニシ at 2011年03月02日
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。