プロフィール
名前:Line Break(ラインブレイク)
一言:Line Break は釣りを中心としたアウトドア活動を行う、三重大学の公認サークルです。
ブラックバス釣りの好きな人達の集まりから始まったサークルですが、 最近では、バス釣り、海釣り、浜遊び、キャンプ、さらに冬季はスノボーなど、アウトドア活動全般を楽しんでいます。 サークルの公式活動は、主に土曜日に行っていますが、それ以外の日にも、仲間同士で声を掛け合って活動しています。
 当サークルは、釣りの初心者から、筋金入りの釣り好きまで、 幅広いレベルの人が楽しんでいます。 それまでは釣りの経験がほとんどなく、サークルに入ってから始めて、その魅力にすっかりはまってしまった人もいます。
  釣り以外にも、バレーボールしたり、フットサルしたり、ボウリングしたり、カラオケ行ったり、飲み会やったり・・・楽しいこと・ 面白いこと大歓迎のサークルです。

リンク集
ラインブレイクHP
firepocky
Fine Boze !
釣りバっカ日記 of Yamao
検索
 
ラインブレイクの方へ

投稿の方法はこちら

2010年08月25日

なんちゃってトーナメンターの激闘!?の二日間

お久しぶりですね。M1のラテオです。
M1になり、もう第一線を退いたと思っておりました・・・
そしてラインブレイクはアウトドア&インドアサークルの道を歩みだしたと囁かれていましたが、ここ最近の釣行記の盛り上がりに便乗して久々に書きたいと思います。


え〜っと、これは1年生も読んでるんだよね?
(読んでいると信じて・・・)少し分かりやすく書きますあせあせ(飛び散る汗)


現在、私ラテオは鮎釣りが出来るなら、他の釣りは止めてもかまわないと思うほど、この「鮎の友釣り」の虜にになっています。

そして今シーズンからトーナメントに挑戦し始めましたダッシュ(走り出すさま)

6月のダイワ鮎マスターズでは一匹足りず予選敗退(数で競います)

今回、挑んだのは「Gamakatsu Challenge AYU 2010 in 神通川」

20~40歳の若手?を対照にした大会であり、全国各地から猛者たちが集まってきます。






地域貢献Pを終えた後、数時間の仮眠の後に目的地である「神通川」のある富山県に向かいますダッシュ(走り出すさま)

片道300キロ強の道を東海北陸道をひた走る車(RV)
そしてノンストップで富山に到着あせあせ(飛び散る汗)
車をフォレスターに替えて以来、運転の疲労が激減しましたわーい(嬉しい顔)


まず、オトリと遊漁権を購入

今日は大会会場でプラをし明日に備える予定でしたが、途中どうしても気になったポイントがあったので、まずここで竿を出すことに

準備をしていると数名の団体に目の前のポイントに入られましたふらふら

仕方ないので、人の少ない対岸に泳いで渡ります
P8210277.jpg

まずは大会用に竿はダイワ メガトルク急瀬抜き90(9mは鮎釣りではスタンダードな長さです)

仕掛けは・・・複雑なので省略。でも仕掛けの複雑さが鮎釣りの奥深さの1つだと思います。



手堅く瀬カタ(瀬の始まりで鮎釣りでは定番ポイント)で天然鮎を取りにいきます。
オトリが底流れになじむと直ぐに一匹目が来ましたグッド(上向き矢印)

そして、5連発ダッシュ(走り出すさま)

今日は入れ掛かりや〜るんるん

調子にのって、少しでも深いところに、流れの強いところに踏み込みます。
流されないように足を石に引っ掛けて踏ん張り、体全体で流れに抵抗します

鮎が掛かったら、「下がったら負けだ!その場でぶち抜け!」この精神で掛かり鮎もろ共、上流に向かって飛ばします。

近年の鮎釣りでは抜いてタモでキャッチするキャッチングと言われるやり方が一般的で(普段は僕もそうしてます)、流れが強く竿を片手で扱えなかったり、勢いよく飛んでくる鮎がタモでキャッチする衝撃で弱るのを防ぐために振り子のように鮎を上流に飛ばして着水させる方法を「振り子抜き」と言います。

また九頭竜川の職漁師の人たちが始めた方法であることから「九頭竜返し」とも言われます。
この方法は特に荒瀬(水面が白く泡立つような瀬)で用いられ、こういったポイントが好きなドMな釣り師にとって最高の見せ場で、綺麗に決まると周りの注目を集めます。


そして掛かった2匹の鮎が空中を飛んでくる瞬間、鮎師は最高に興奮します(たぶん)



チクビまで川に浸かり、何度も流されながらも、掛かった鮎を上流にぶち抜きまするんるん
P8210275.jpg
空でも飛びそうな長い背鰭の鮎

プラのことなんか忘れて楽しみます。


午後からはパワーのある竿に持ち替えます
ダイワ 硬派 荒瀬抜き90(名前の通り硬派な釣りをする人のためのマニアックな竿です)


P8210281.jpg

こんな流れに立ち込むだけで満足します揺れるハート

夕方まで無心で釣り続けますダッシュ(走り出すさま)
その頃になるとヒザもガクガク、足の指が攣りますふらふら

終わってみると自身最高の53匹ぴかぴか(新しい)
P8210285.jpg


結局、プラは一切せず1日楽しんでしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
終わった後は、ひと泳ぎし汗を流し、偶然やっていた花火を一人川原で見ながら晩御飯レストラン
そして、明日に備えて広くなった車内で就寝・・・眠い(睡眠)








朝5時

周りの殺気で目を覚ます

続々と大会参加者が集まってきていた。ホントに全国各地から集まっており、皆車にはメーカーのステッカー。かなりの猛者揃いとみたパンチ

まず受付でくじを引く

「16」・・・上流エリアと下流エリアの二つに分けていて、参加者は100名なので、真ん中よりは少しいいぐらいの順番です。


大会審査委員長の野島玉造氏より、ルール説明
野島さんのDVDは、僕の鮎つりのバイブルだったので少し感動ぴかぴか(新しい)

集合写真を撮ったら、いよいよオトリ配布です
くじの順にオトリを受け取り、その瞬間大会はスタートexclamation

上流のポイントを目指しひたすら歩きます
大会は検量を含めて三時間。あまり移動に時間は使えません

プラもしてないので、釣れそうだと思ったポイントに入ります

対岸には昨年の覇者がく〜(落胆した顔)

嫌でも気になります。



そして、沈黙の一時間バッド(下向き矢印)

この段階で予選突破の可能性はほとんどなくなりました。

なんせ予選突破のボーダーは20匹を越えるんじゃないかと言われていたので、移動時間も考えると一時間半で20匹を釣らなければいけないあせあせ(飛び散る汗)

意を決してポイントを大移動して、皆が手を出さない荒瀬に向かうダッシュ(走り出すさま)

もはや虫の息となったオトリにオモリを付けて、無理やり流れの中にねじ込むパンチ

そして・・・





怒涛の10連発exclamation×2
この調子でいけば追い上げも可能かexclamation&question

集中力も最高潮グッド(上向き矢印)


そして予期もしない良型が掛かったあせあせ(飛び散る汗)

のされて竿が立たないふらふら
川の中を必至に走って追いかけるが、まさかのドンブリ(オトリと掛かり鮎ともに切れた状態)

単純に言って、釣果としてはこのトラブルは−2に値しますバッド(下向き矢印)


仕掛けを張り直し、再スタートexclamation



・・・といきたいところが、またドンブリで−2バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

ここで集中の糸も切れ、残り30分あったが諦めて検量に・・・






10匹



予選突破はまず不可能な結果です。











12時

大会会場とは別のポイントにいました
P8220289.jpg

分かりきった結果は聞いてもしょうがないと思い、検量結果を聞く前に会場去りました


そしてこのポイントで鬱憤を晴らすが如く20匹掛け、神通川を後にしました





今年のトーナメントはこれで終了です。

来年は、マスターズ、ジャパンカップ、バリバスカップ、報知オーナーカップには挑戦してみようと思います。。。予選突破を目指して・・・






PS

そろそろ家の冷凍庫のキャパが厳しくなってきましたあせあせ(飛び散る汗)
なので今年も「鮎消費祭」をやる予定でいます手(パー)


posted by LineBreaker | Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・ホントにテラオさんはストイックですね、憧れます。

でも、大きくても30p程の鮎に竿がのされるなんて想像もできないっす・・・


あ、鮎パーティーは是非誘ってください!
Posted by B:B at 2010年08月25日
サークルの方向性を乱してしまってすみません…

「さすが」という言葉しか浮かんでこないのが残念ですが、改めてテラオさんのすごさを感じました


アユを食べるのも楽しみにしてますので、よろしくお願いします
Posted by 古川 at 2010年08月25日
ついにトーナメンターになったか〜ストイックに磨きがかかってますな
釣りビジョンに映るのを楽しみにしてますわ

俺もアユ食べたい!できれば食べに行きたいけど、最悪クール宅急便とか駄目?
Posted by K at 2010年08月25日
タッパー持ってくんで多めに作ってくれないっすか!?
Posted by にわか磯トーナメンターD at 2010年08月25日
地域貢献翌日ですか!?
底知れんな。。

それにしても鮎キレイですね。
Posted by 解説がありがたいJこ at 2010年08月25日
鮎釣り本当に楽しそうですね!
機会があれば一度体験してみたいものです。

鮎パー楽しみにしてます。
Posted by ダーニシ at 2010年08月26日
さすが寺尾さんです

やっぱり歴代部長は皆釣りが上手いですね。


鮎パの場所は・・・
ヒマがあれば大丈夫ですよ(笑)
Posted by 最近バイトで"おっさん"と連呼されたTTM at 2010年08月26日
鮎パー楽しみです・・・

今年はバイトがあっても行きたいです!
Posted by カバ○ at 2010年08月26日
非常に分かりやすい釣行記ありがたいです。

早く鮎の香りと共に一杯やりたいですね。
Posted by 車がボラ臭い軍曹 at 2010年08月27日
大会結果が出てました↓
http://www.gamakatsu.co.jp/events/special/10challenge/10challenge_kekka.html
惨敗ですね。

>B:B
物理の問題ですな。
七色昨年度覇者だったけ?
熊野から応援してるわ〜

>古川
タマ・コロ・ロリ?釣ったら今のキャラでもイケるんちゃうか(笑)
しかし、あの軽トラでよう高速乗るわ・・・

>キング
明日、熊野で新鮮な鮎調達に行ってくるわ!
帰り三重寄るなら渡すで。
釣れんかったら家の冷凍ストックになるけど

>づめ
今年もアユ雑炊作るか。
ストックは100匹超えてるでどんなけでも作れるで〜

>じーこさん
釣りたての鮎はもっと真っ黄色で綺麗なんですけどね!
写真ではなかなか伝えられないんですよ。。。

>にしだ
激流祭り行ってみるか?
予備が1セットならあるけど
いつかのS.Y.みたいに流れてみるか?

>おっさん
日曜ぐらいにやろうかと思うがどうやろ?
まぁ空きがなきゃ研究室でもええんやけどな。

>かばマル
バイト後に来ても残ってるぐらいストックしてるつもりだで大丈夫とは思うが・・・
去年は結局食いきれんかったしね。

>ぼら軍曹
ホントはもっとマニアックに書いても良かったけど訳わからんくなるしな。

臭いではボラに勝てん・・・
Posted by ラテオ at 2010年08月27日
昔、バストーナメントに熱くなってNBCに出てたころの自分を思い出す…
http://www.jbnbc.jp/tournament/chapter_00/h_nagoya3.html

外部のツワモノの出るトーナメントって、本当に勉強になるよね。

腕の差がもろに出る鮎釣りならなおさらでは…

−2×2は惜しかったねぇ。
ミスするとどうしても集中力は切れちゃうよね。

いつかマスターズの本戦にラインブレイクの皆をひきつれて応援にいける日が来るような気がします。
Posted by at 2010年08月27日
>Pさん
周りで鮎釣りする人がいないんで、腕を磨くにはトーナメントに出るのが一番勉強になります。

マスターズ全国大会・・・いつになるやら(笑)
Posted by ラテオ at 2010年08月29日
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。