プロフィール
名前:Line Break(ラインブレイク)
一言:Line Break は釣りを中心としたアウトドア活動を行う、三重大学の公認サークルです。
ブラックバス釣りの好きな人達の集まりから始まったサークルですが、 最近では、バス釣り、海釣り、浜遊び、キャンプ、さらに冬季はスノボーなど、アウトドア活動全般を楽しんでいます。 サークルの公式活動は、主に土曜日に行っていますが、それ以外の日にも、仲間同士で声を掛け合って活動しています。
 当サークルは、釣りの初心者から、筋金入りの釣り好きまで、 幅広いレベルの人が楽しんでいます。 それまでは釣りの経験がほとんどなく、サークルに入ってから始めて、その魅力にすっかりはまってしまった人もいます。
  釣り以外にも、バレーボールしたり、フットサルしたり、ボウリングしたり、カラオケ行ったり、飲み会やったり・・・楽しいこと・ 面白いこと大歓迎のサークルです。

リンク集
ラインブレイクHP
firepocky
Fine Boze !
釣りバっカ日記 of Yamao
検索
 
ラインブレイクの方へ

投稿の方法はこちら

2016年04月15日

母島釣行記シーキチン番外編〜母島鳥行記@〜


本題の底物釣り編に入る前に、番外編をお送りいたしましょう。

私が小笠原にカメラを持ち込んだもう一つの理由……それは小笠原の固有種たちを映像におさめることです!
知らなかっただろう!



〜遠征前〜

私「さてさて、釣りだけじゃもったいないし、せっかくだから母島にいる鳥も下調べしておくか……」

〜二時間後〜

私「困ったな、釣具より撮影機材の方が多いぞ」

内訳:ハンディカム&充電器&予備バッテリー&各種ケーブル ←野鳥用
   gopro&充電器&予備バッテリー&各種ケーブル&各種アタッチメント&ヘルメット ←釣り、登山用
   三脚、一脚、携帯三脚、玉の柄
   ヘッドライト、フラッシュライト ←オオコウモリ用
   エネループ&充電器、18650リチウムバッテリー&充電器
   ノートPC、外付けHDD、周辺機器 ←予備SDカード節約のため

スマホ用も含め充電器だけで6種類も持ち込むアホである(さらには蛸足を持ち込まずに宿内の電源を圧迫するドアホである)。
加えて今まで使っていた格安背負子を後輩に譲り、自分は新しく海山兼用としてエバニューラージボーンを購入。
   
あれ、俺何しに行くんだっけ?



大荷物.JPG
お仕事ですか?

も……もちろん本来の目的は釣りですとも。
その証拠に二回目の渡船でちゃんとクチジロ手前のを上げてますからね!(壮大なネタバレ)



釣果.jpg
とったどー



≪お前じゃねえ!≫

と、まあこんなにも準備万端で行ったわけですからね、ちゃんと撮るものは撮らなければなるまい。

記念すべき母島の第一村鳥発見!
さっそく撮影しましょう!



イソヒヨドリ.jpg
イソヒヨドリ

津市にもおるわ

母島で釣りしてると一番よく見かける鳥でした、他の鳥と比べると人によく近づくので可愛いっちゃあ可愛いんだがレア感は全く無し。

母島なんだから是非ともハハジマメグロを撮影しときたいものだ、遠征組全員で島南部にある小富士に行ったときは何度か目にしたが木の高い位置にいるし逆光……
住宅周辺にも普通におるよ、と将軍さんや他の島民がおっしゃっていたので、その日以来時間があるときはカメラを持って近くを徘徊するように。

そしてついにその時はやってきた。
海岸沿いのヤシの木の遥か高み、一際大きなさえずりを放つウグイス色の鳥が一羽。
急いでカメラと三脚をセット!
廉価ハンディカムはズーム倍率の大きさと潮風に当てても惜しくないのが最高だぜ!



メジロ.jpg
メジロ

あ、ごめんなさい人違いでした。
おもっきり目が白いし。

そう、母島には固有種であるハハジマメグロがいるのだが、同時に島に持ち込まれたメジロもいる。
鳴き声は全く違うのだが(メグロの方が声質が低くて太いし、さえずりも違う)、気付くまではズームしないと判別できなかった……

その後はメグロを見かけても木の高い位置にいたり、近づいたりカメラ向けたりすると茂みの奥に逃げてしまう



逆光メグロ.jpg
こんな具合

メグロ警戒心強すぎ
(それとも俺の殺気が強すぎるのか?)

今日もダメかと諦めて神社の境内から坂を下っていく途中

ピューィ、ピューィ

メジロの地鳴きを一回り低くしたような声が聞こえる!
急いで録画を開始し、息を止めて鳴き声の主を探す。
いや、向こうから降りてきたし。



ハハジマメグロ.jpg
これがハハジマメグロだ!

つがいだろうか、2匹のメグロが舗装路の上に降り立った。
地面を数回ついばむところを撮影した後、2匹はあっという間に飛び去ってしまった。

小笠原来て良かった!

きっと母島の神様が憐れんで俺の下にメグロを遣わしたのだろう。
ありがとう!後日、恩を仇で返すような真似をするのだが)

メインターゲットを撮影することに成功した私は満たされた気分で眠りにつくのだった。

それ以降、ハハジマメグロは滞在中に何度も接近することができた

お前らどこにいたんだ。
(やっぱり殺気なのか?)



鳥行記Aに続く……
posted by LineBreaker | Comment(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

母島釣行記シーキチン編A〜黄色い悪魔〜


あの日出会った黄色い悪魔は
あろうことか釣り竿すら持っていなかった私を
小笠原の雄大な海へと引きずり込んだのだった



どうも、シーキチン(新海)です。
小笠原母島釣行記そのAです。



≪母島一日目≫

母島に到着したラインブレイカーたち。
一行は滞在中お世話になる宿『ラ・メーフ』へ到着。

ラメーフ.jpg
まだキレイな時

マリンちゃん.jpg
看板犬マリンちゃん



一方でロリさんと将軍さんはレンタカーを借りにレンタカー屋へ。
到着した荷物を確認、整理を済ませ、身軽になった状態で早速東港へ突撃!

「あれ?竿は?」(遊のCMではない)
私「撮影器具だけです!」

そう、私の今回の遠征の目的……。
もちろん釣り……が、それに加えて釣り動画の撮影&サークルPVの素材集め(あと趣味の野鳥撮影)もしようと考えていたのだ!
知らなかっただろう!



〜遠征前〜

ロリさん「新海は今回のターゲット何で行くの?クチジロ?」
私「メグロです」

誰が言ったか「マグロ?」
私「ハハジマメグロです」

メグロ.jpg
ハハジマメグロ



あと、一つ知っておいていただきたいことがある。
私が釣りそっちのけで動画を撮っていることがあるが、なにも義務感にかられてとかそういうことではないので。
完全に自分が好きでやっているので。
釣りに集中できなくてかわいそうとかそういった勘違いをなさらないようにお願いしたい。
本心である。

撮影した動画は見られるレベルまで編集して、そのうちyoutubeの方にアップするつもりなので気長にお待ちいただきたい。



≪悪魔との出会い≫

さて、話が逸れてしまいましたが、東港到着である。
東港は母島北部にある二つの港のうちの一つである(ちなみにもう一つは北港、こちらは湾と突堤のみ)。

東港には先客がいた。
数人のグループで内一人はエギンガーだったのは覚えている。

皆が堤防を散策している中、私は玉の柄にgoproを付けて疑似空撮&水中撮影
……堤防が高すぎて水面近くしかカメラが届かない!
高さは7メートルぐらいかな?

東港疑似空撮.jpg
疑似空撮

東港水中.jpg
この時はあまり魚はうつらなかった



堤防の外側にはロープを使ってのぼることになるが、堤防の隙間に打ち込まれたボルトに番線でロープを固定しているだけだった
マジかよ。こえーよ。(数日後には何も気にせず上り下りすることになる)

とりあえずやってみっか、ということでルアー勢は堤防下に停めてあるレンタカーまで戻っていった。
その時のこと。

視界の隅で水柱が上がる!

海面がザワつく!

ナブラだ!

カメラを回すのが間に合わない!
次の瞬間、ナブラの犯人(犯魚)が跳ね、魚体全てが空中に現れる

一瞬、いや数秒の間何が起きたのか理解できなかった

目の前に現れたのは、とても見慣れた見慣れぬ魚

「マグロだ!」

メートルほどのキハダマグロが目の前で跳ねた。

私の中の大切なものが小笠原の海に引きずり込まれた瞬間だった。

海を凝視して堤防外側にルアー勢が上ってくるのも確認せず、ただひたすらうわごとのように「撃て、撃て」と叫ぶ私
一度将軍さんのタックルにノりかけたが、ついにキハダは姿を消してしまった。

この一件で、その時釣り竿の一つも持っていなかった私は「届くぞ」と思ってしまった。
悪魔に魅入られたのである。

(この続きはおそらく最終章〜シーキチン覚醒編〜に続きます)

次回は日付を飛ばし、番外編として『母島鳥行記』をお送りいたします。
それでは。
posted by LineBreaker | Comment(2) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母島釣行記シーキチン編@〜いざ小笠原へ〜


みなさまこんにちは、シーキチンです
ネット上ではなるべくネット上の名前で名乗っていくことにします。前年度部長の新海です。
シーチキンではなくシーキチンなのでお間違えのありませんよう。

2/29〜3/13まで行ってきた小笠原母島遠征について語っていきたいと思います。
すでに田城によって三編の釣行記が上げられているので、内容が被る部分もありますがご容赦下さいな。


≪雪の三重県を抜けて≫

出発当日の夜、なんと津市は雪
集合場所へ遅れて参上し、大荷物を将軍さんの車に詰め込みます。
出発も早々に雪は次第に勢いを増し、ノーマルタイヤでは無理とのことなので、乗れる数だけ私の車で東京へ、残りは電車で行くことに。
私の車にはそのときなぜか犬小屋が乗っていたので、急いで片付けて出発!

シーマンにて.JPG
シーマンにて

鈴鹿あたりまで来て、
「雪やんどる」
三重県だけ、というか津市だけ大雪降ってるんだけどこれどういうことなの。

やっぱ行けそうじゃね?
ってことで私の車は途中で実家に捨て、急遽もう一度将軍さんに車を出していただきました。

道中夜明け前の富士山をぼんやりと見つつ、それ以降は何事もなく東京は竹芝に到着。

富士山.jpg
たぶん富士山



≪ひたすら寝のおが丸≫

竹芝桟橋にておがさわら丸に乗船。
乗船時にゆるキャラ君を連れている人に「お仕事ですか?」って聞かれたけどなぜだろう

大荷物.JPG
探検家かよ

ついにおが丸に乗船。
いい感じの席もとれたし、ひとまずデッキに出て撮影しますかね。

ユリカモメ.jpg
客が撒いてるじゃがりこに寄るユリカモメ

大枚はたいて買ったgoproは遠征のためにあると言っても過言ではない。
観光客に紛れてアクションカムを振り回すのはなんだかリア充になった気分ですわ。
gopro+ジンバル(まあブレ防止道具みたいなもん)装備の他の客に「ブレは技術でカバーしてやらあ」などと心の中で対抗心を燃やす。

さてさて、船内に戻り一行はまずお土産売り場へ。
まず売っているものをチェック、自販機もチェック。

ハーゲンダッツあるやん
でもこんなところで余計な金使うのはな〜。
あれ?ブストスハーゲンダッツ買ってるし
しゃーない、俺も買うか(クーリッシュ購入)。
せこい。

その後船室に戻って皆思い思いの時間を過ごす。

おが丸船内.jpg

ロリさんはタブレットで漫画を読んでいる。
ブストスは持ち込んだ釣り雑誌を読んでいる。
俺は……寝るか

しかしこの小笠原丸には25時間も乗っていなければならない。
今寝ちゃって本当に大丈夫なの?
夜眠れなくなるんじゃないの?





余裕でした
酔い止め代も浮いた。



≪父島に別れを告げて≫

さて、そんなことがあってようやく小笠原は父島にたどり着いたわけですが、時間がないので、一時間ほどでこの島には別れを告げなくてはなりません……。

ははじま丸搭乗.jpg

いや〜いい遠征だった!
さようなら!
楽しかったよ!
いつかまた来ます!

まあ母島に向かうだけなんですが。
(↑母島旅行者の鉄板ネタ)

父島でまず目に入った唐揚げ弁当は売り切れていた。
この唐揚げ弁当が食べたかったので、また帰りに買えば良いかと考えつつ(←フラグ)近くのスーパーで弁当を購入して母島に向かう前の腹ごしらえ。

さて。
いよいよははじま丸に乗っていざ母島へ!



母島釣行記シーキチン編A〜黄色い悪魔〜
に続く……

続きを読む
posted by LineBreaker | Comment(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする