プロフィール
名前:Line Break(ラインブレイク)
一言:Line Break は釣りを中心としたアウトドア活動を行う、三重大学の公認サークルです。
ブラックバス釣りの好きな人達の集まりから始まったサークルですが、 最近では、バス釣り、海釣り、浜遊び、キャンプ、さらに冬季はスノボーなど、アウトドア活動全般を楽しんでいます。 サークルの公式活動は、主に土曜日に行っていますが、それ以外の日にも、仲間同士で声を掛け合って活動しています。
 当サークルは、釣りの初心者から、筋金入りの釣り好きまで、 幅広いレベルの人が楽しんでいます。 それまでは釣りの経験がほとんどなく、サークルに入ってから始めて、その魅力にすっかりはまってしまった人もいます。
  釣り以外にも、バレーボールしたり、フットサルしたり、ボウリングしたり、カラオケ行ったり、飲み会やったり・・・楽しいこと・ 面白いこと大歓迎のサークルです。

リンク集
ラインブレイクHP
firepocky
Fine Boze !
釣りバっカ日記 of Yamao
検索
 
ラインブレイクの方へ

投稿の方法はこちら

2009年07月17日

紀東のポテンシャル

どーも手(パー)
紀東は3号ハリスまでで十分exclamation
と(今日まで)なめ腐っていた!!!!橋爪です。

昨日(16日木曜)平日パッションでマダイ、尾長上昇中の宮城野に後輩Tと行ってきたのですが、この時間になってもタギリ納まらないので釣行記でも書いて還元します。



釣果情報では毎日のように半夜で良型マダイ、尾長が寺島で上がっていたのでこの日も・・・グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
と、淡い期待(内に秘めた究極の邪念)を秘めつつ後輩Tには「イサキかマダイか夏っぽい魚が1枚でも上がったらええなぁ〜。」と適当なコトを吹かしながら11時出船にもかかわらず決意の6時半集合で尾鷲に向かう。


無事到着し、当然の如く1時間位ある待ち時間をフラフラと過ごしながら、11:10出船!


この時点で両者秘かにタギリまくっているがそこは冷静を装いながら寺島付近に、、、


橋爪「よし、準備しよかなるんるん」と船首側に行こうとしたとき


船頭「荒れてきたな。三石やな」


橋爪「は、はいわーい(嬉しい顔)soonもうやだ〜(悲しい顔)




爆釣寺島を尻目に少し内側の三石に




船頭「橋爪君、あそこに島が1,2,3とあるやろ?左(沖)から1,2,3や。君ら乗るのは3番や!←予想どうり手(チョキ)
ポイントは〜中略〜ここは足元からでも尾長出るでな!!←ひらめき


橋爪「あ、はい!!!猫


てことで三石3番に上がることに、











まさかの展開だったが、案の定この場所で紀東のポテンシャルをみせつけられることになる。










流れているのでもなくどちらかというと潮は当ててきていたので、とりあえず寺島向きに足もと、そこから竿一本沖を狙ってみるも反応なし。


そこで、ド足もとを段シズで餌取りを撒餌で交わしながら狙っているといきなりウキを消し去るアタリexclamation×2どんっ(衝撃)


上がってきたのはアラサー位の尾長ひらめき


とりあえず尾長の存在を確認しひと安心るんるん


続けてウキをしもらせイイ感じになってきた時に後輩Tから「ヅメさん!!」との声が、

見るとなにやらオレンジ色の魚を波打ち際にペちぺちしていかにも救って欲しそうにしていたので向かう


結局、橋爪がもたついている間に(申し訳ない笑)堤が自分で上げて


見ると明らかに鑑賞に丁度好さそうな(30センチくらい?)ヒブorアオブ目


予想外の外道に驚きつつ


ボイルを大量に一面に撒いて「どこ投げても同調するはず」釣法で馴染ませ、少しずつ沈ませていくと



ズキューン!!!!揺れるハート



すかさず合わすとかなりの重量感&ハンパない突っ込み。格闘するも痛恨の針外れでバラシ


針外れなの速効投入したところ同じようなタイミングでウキが消え込ん
だ!!

今度は竿を立てることすらできないほどの当に「暴力的」(伊藤良樹2009)な突っ込みをなんとか耐え、足元まで寄せてくるも足元の根への最後の突っ込みでハリス(ダイワGREAT2.5号)真ん中を根ズレ切れ。



完全にいろんな意味でキテいることに動揺し、手が震えてハリコミ小次郎に糸が通らず数個落としてしまうもアドレナリンの出すぎで気にしないパンチ
(今思えば1つ100円位するものをよく・・・)




次は少し沖目に沈みこむ潮でウキが見えなくなった竿2本分くらいの層で手元にまで来て道糸が勢いよく「バリッ!!!」った
引きは先ほどの暴力的な引きとは異なるが重量感、突っ込みは明らかに40UPぴかぴか(新しい)

尾長を確信し足元まで寄せてきてあとは堤を召喚するだけのところで最後の突っ込み→針外れ→FUCK!



いよいよ持参している尾長針(あわせ尾長gかつ)に信頼できなくなり、神津用に買っておいたヤイバエックス8号を使用
ウキも弾丸S2Bに変えて攻めるも

同じような針外れを2回、アラサー尾長2匹ぶっこぬき
に止まり
ラッシュが終わらない内に1匹は上げたい!ふらふら

と信に思いながら流していると道糸が磯際の貝に付着し絡まっている。

どうも取れないので竿を置いて手で撮りに行こうとした所・・・

弾丸(ウキ)が一直線に底に突っ込んでいくのを目撃目失恋
その衝撃を目の当たりにしながら合わすことのできないもどかしさからラインを強くひくと

ブチッ!たらーっ(汗)

・・・全損ッ(笑)


弾丸が浮いてくることもなく
ウキ止めから結んで仕掛けを作りなおしたときにはすでに遅く、アタリはばったり。モバQ

その間ずっと手前のシモリを狙い続けた堤がオオモンハタ?(アズキマス?)を釣りあげ満ちた様子いい気分(温泉)

最後の最後まで諦めがつかずラスト5分でバッカンに入っているボイルを全部足もとに流しその沖アミと同調させるように釣っていると待望のウキを消し込むアタリ!!ハートたち(複数ハート)ー(長音記号2)

も実らず30半ば足らずの美味そうなチャリコるんるん


満ちたわけもなく泣く泣く納竿しました。ふらふら





気がつけば12時に磯に乗ってから一回水を飲んだ以外ノンストップで6時半までやるタギリ用ひらめき


堤にしたアドバイスは


「今めっちゃ尾長きとるぞ!!!」


のみパンチ(笑)

こんだけバラシた日には船頭からとんでもないハードレクが来ると思ったので水増しの3号ライン、尾長8号針使用と伝えたのですが余裕で全否定されあせあせ(飛び散る汗)
4号ライン、10号針を推奨されました。


榊原先生も最近は4号ハリス使っとるから釣れるとおっしゃてましたが本当ですかexclamation&question

今後宮城野行く人参考にしてくださいグッド(上向き矢印)


もちろん近いうちに4号ハリス持って手(チョキ)リベンジ行きます!


posted by LineBreaker | Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。