プロフィール
名前:Line Break(ラインブレイク)
一言:Line Break は釣りを中心としたアウトドア活動を行う、三重大学の公認サークルです。
ブラックバス釣りの好きな人達の集まりから始まったサークルですが、 最近では、バス釣り、海釣り、浜遊び、キャンプ、さらに冬季はスノボーなど、アウトドア活動全般を楽しんでいます。 サークルの公式活動は、主に土曜日に行っていますが、それ以外の日にも、仲間同士で声を掛け合って活動しています。
 当サークルは、釣りの初心者から、筋金入りの釣り好きまで、 幅広いレベルの人が楽しんでいます。 それまでは釣りの経験がほとんどなく、サークルに入ってから始めて、その魅力にすっかりはまってしまった人もいます。
  釣り以外にも、バレーボールしたり、フットサルしたり、ボウリングしたり、カラオケ行ったり、飲み会やったり・・・楽しいこと・ 面白いこと大歓迎のサークルです。

リンク集
ラインブレイクHP
firepocky
Fine Boze !
釣りバっカ日記 of Yamao
検索
 
ラインブレイクの方へ

投稿の方法はこちら

2008年11月29日

尾鷲湾ハゲリック&アジリック(by P)

29日(土)、海山の権兵衛さんの船に乗せていただき、尾鷲湾に出てきましたわーい(嬉しい顔)

権兵衛さんにお世話になるのは2回目です。
先回はかなり渋い状況で、普段に比べると釣れたアジの数・サイズともにイマイチな釣果だったようです。

その後、権兵衛さんから話を聞くなかで「月が陰ると釣れる」ということを聞いており、
今週は大潮の新月直後…行くしかないexclamationということでお世話になりました。


続きを読む
posted by LineBreaker | Comment(8) | 五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

チェリー卒業しました!!

ど〜も、今回は幸があった、ナベです。

ショアジギをはじめて早、7ヶ月。とうとうやったりました。

いつも釣りにいくもYMOの一人勝ちを指をくわえて見ているだけ・・・

しか〜し、久しぶりとなる今回の熊野釣行ではそれとは違っていました。

朝一からジグを投げ倒すときめていたら答えがすぐに出た。

投げ始めてから約30分、ロングジャークでしゃくっていたら根掛かりし

たかのような重さが。

・・・魚でした^^

魚だと分かりゴリ巻きを続けるが深いところで掛けたため、なかなか浮

いてこない。

足元までよって来るが以前浮いてこない。しかし、一度かけたら逃がし

たくない。ひたすら巻く・・・

プツン。

磯際の根に当たった瞬間に痛恨のラインブレイク。

YMO曰く魚が横に走っていたためリーダーが根にあたったらしい。

気を取り直してジグを投げ続けるも特に反応が無く、10時ごろに磯寝。

と、寝ていたらYMOの潮がめっちゃ流れてる〜という声に反応し即座

に竿を握る。

そこからまたジグを投げ倒すとそこにドラマが待っていた。

朝一と同様にロングジャークをしていると竿が大きくしなった。

明らかに朝より引きが強かったためこれはバラシたくない。

朝は根にあたってバラシたので今回は慎重にやり取りをした。

何とか足元までよって来たところでYMOの見事なランディング。

初めての青物に久々に足が震えてしまった。CA250250.JPG

まだ来るかも知れないので魚を締めた後もすぐに投げる。しかし、潮止

まり。その後特に異常も無く終了。

最近、熊野で一日に2,3本上がっているという情報はホントだった。

しかも、その日はナブラも多く湾の方では一面にあったらしい。ジグを

投げてたとこでは特に異常はなかったが・・・

今回の釣行で分かったのはジグは安物くても釣れる!!

朝一と昼に当たったジグはどちらもイチ、キュ、パ。

高いのほど釣れそうだがジグだと失くす可能性も高いし安物でもいいと

思った。








posted by LineBreaker | Comment(7) | ショアジギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

日本海ジギング

081122_mori.jpg はじめまして!OBのモリイチさん(りょーへーさん)です手(チョキ)
22日に日本海にオフショアジギング行ってきたんで、ゲキアツレポートしたいと思います。




続きを読む
posted by LineBreaker | Comment(11) | オフショアジギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

穴カップin四日市一文字レポ

どうも4年の中村です。
この土曜日に私の主催で第1回穴カップが開かれ、無事に終えることができたので、自分から見た大会の様子をここで報告したいと思います。

続きを読む
posted by LineBreaker | Comment(12) | 五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

渡船開幕戦っ!!

どもども。OBのまこっさんです。
先週の土曜日同じくOBのハルトと梶賀に渡船しに行ってきました。

梶賀は約2年ぶり。いつも以上にわくわくします。
5時半頃に梶賀漁港に到着。手早く準備を済ませ6時に出船です。

今回は2杯とも出船し、他の客は20人ちょとでしょうか。
ハイシーズンに比べるとずいぶん少なくのんびりした雰囲気です。

沖まで船はゆっくり走ります。
沖に停泊した小さな漁船に番号を伝え(何の意味か不明・・・)船がパッシングをした瞬間、エンジンが唸りをあげて突っ走ります。

船はオペラに向けて全力疾走。他の渡船屋も同じくオペラに突っ込みます。しがみついてないとコケそうです。というかコケました。

『焦らんでもええ!』『はよ降りんかいっ!』船長から檄が飛びます(汗)←陸の上と同じ人とは思えません。

3艘入り乱れてさながらカーチェイスです。あーシビれた。

2組目が降ろされたところで、『次、上物2人いけ!!』あわてて荷物をまとめて磯に飛び乗ります。

僕らはオペラの『波かぶり』というところに渡磯しました。
沖向きで潮通しは良さそうです。
沖に潮目が見えます。期待できそうです。

ハルトは早速フカセ釣りの準備を始めています。
僕は浮気モノなのでルアーをします。先発ルアーは定番中の定番アスリート12Sです。

適度にサラシが広がり平スズキが釣れそうな雰囲気です。
さらしの切れ目をスローリトリーブで誘います。が、、、釣れません。
あきらめて沖向きフルキャストしてやや早めに巻いてくると、
岸際で”ガツン!”程なく抜き上がってきたのは40ちょいのシオでした。
次の一投でもういっちょ!”ガツン!”うれしいモーニングサービスです。

このあとあたりもなくなりフカセ釣りの準備にとりかかります。
先に始めたハルトに聞くと、足元に広がったサラシは沖にむかってゆっくりと流れているようです。

まずは2号ハリスを長めにとり全遊動仕掛けでサラシの切れ目から沖を狙いますが、エサが毎回なくなります。相当エサトリが多くいるようです。

エサばかり取られるので沖狙いをいったんあきらめポイントを磯際に変更します。
仕掛けもハリスを3号とし、ウキ2Bにガンダマを多めに段打ちし仕掛けを張りながらゆっくり沈めながら狙ってみます。

狙いが的中したようです。3投目あたりでウキが一気に消しこまれました。
一瞬ぐれかと期待しましたが、竿をたたくので違うと分かりました。
予想とおりサンコウさんでした。

PB150018.JPG

しばらくして、沖向きをねらっていたハルトにも強烈なあたりが!

s-PB150013.jpg

締め込みに耐えて・・・

ぐれか!?

PB150015.JPG

これまたいい型のサンコウでした(汗)

このあとお互い1匹ずつサンコウを追加して準備体操はバッチリです。

時間もお昼になり、潮がいい感じに沖に流れるようになりました。
ハルトに”バリッ!”強烈なアタリ!

竿ぶちまがる!

PB150014.JPG

この後残念ながら、ハリス切れ・・・

また直後に同じアタリがあり、またハリス飛ばされる。

タナは2.5ヒロ。
自分も同じコースをながすと”バリバリッ!”
すかさずベールを起こしゴリ巻きする。あきらかにサンコウとは違う引き♪
強烈な締め込みの末に上がってきたのは尾長さん!

この後、潮もぱったり止まってしまい納竿となりました〜

尾長の時合はほんの一瞬。今回もアタリが集中したのは30分くらいの間。この時間をいかに捕らえ、集中することが大事やと思います。

とまぁ、エラそうなこと書いてますが最近なんとなくいい潮が流れる感じがつかめるようになってきたと思います。

流し釣り一度体験すると病みつきになること間違いなし!

PB150019.JPG

<当日のタックル>
竿:がまかつ G-tune1.5-53
道糸:サンライン ブラックストリームマークX2.25号
ハリス:サンライン Vハード3号
ウキ:三原夢ウキ2B〜3B(環付改)




posted by LineBreaker | Comment(7) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

紀伊長島でボート釣り!by安井

土曜日は笹木と吉村と安井とあゆことかおりサンの5人でボート釣りいってきました!

Dメ氏から『そのメンツはジャンクやろー』とかいわれたけど自分なりには自分が一番シt…マトモだと思ってます


まぁそんなこんなで朝6時半過ぎに出船しまずアジを釣りに!


アタリが途切れることはほぼなく入れたらすぐにマアジ入れ食い!型は18〜22くらいといったとこできわどい?サイズだけど面白い!5匹連続で釣れたりちらほらカサゴが混じったりして飽きない!


でも飽きたから巷で密かに流行っている電撃フッキングをしてみると…


かかっていたアジはあっという間にポロンしました電撃フッキングジャァーンク



そしてその後アジとは格段に違う引きの魚がかかり何が釣れたのかとひきあげてみると30センチくらいのマハタ一気にテンションあがりました

そしてその後キス釣りに移動するときにスカリを見たらアジが次々スカリから出ていくのに気付く


お魚キラーを改造して作ったスカリだったので次々に脱走してたのでした…クイック


もう逃げたらいやだからシメました 100匹くらいシメたので手がボロボロになりました テンションさがりました


キスは2匹釣れました


これで私の釣りは終わりです…

帰船すると笹木が37センチのキビレ釣ってました…この場所シトモよりキャパありそーです

魚は適当に刺身やら煮魚やら塩焼きやらなんやらでいただきましたウンマー~


釣れた魚
マアジ(みんな)250くらい? マルアジ(みんな)10匹くらい キビレ37センチ(笹木) マダイ(チャリコ笹木) イトヒキハゼ(安井) ヒメジ(かおり) シロギス20くらい(笹木が最大23センチ) エソ(安井) カサゴ(みんなで最大安井25くらい) マハタ(30安井ほか) トウゴロウイワシ スズキ

使用したロッド…バスワン
使用したリール…往年の名器
使用した仕掛け…サビキオーロラサバ皮(フィッシング遊の中古)とサブマリンと8号六角オモリ
posted by LineBreaker | Comment(5) | 五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

近所の小河川シーバス(by P)

昨日は、シャアを拉致して津市内河川を回るものの、気配なし…もうやだ〜(悲しい顔)

今日は自宅近所の川に行ってきました。

近所の川には前の大潮回りで釣れてからも何度か行ってみましたが、
アタリはあるものの釣れなかったり、先行者(以下Aさん)が居てポイントに入れなかったりで、魚には触れませんでしたふらふら

Aさんもこの近所に住んでいるらしく、このポイントではかなりの頻度で会いますので、相当好きらしい…
(↑自分のことは完全に棚にあげている)

何度か顔を会わし、情報交換をするようになりました。

最近の実績から、このポイントで釣れる時間が大体予想できたので、夕食を食べてから出撃パンチ

続きを読む
posted by LineBreaker | Comment(5) | ソルトルアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

新池釣行withハートランド  byB:B

どうも、一年のB:Bです。8日に行う予定だった新池カップが雨のため中止になったので、今日は個人的に筧と新池に行ってきました。筧は西の湖のバストーナメントで入賞した一年です。最近サークルに全然来ないけど、学部が俺と同じ分素なのでよく話します。聞くと筧は新池に行くのは今回で2度目。筧君、2回目でいきなり釣れるほど新池は甘くないぞ!30回近く行ってる俺の実力を見せてやるぜ!!


というわけで、1時くらいから分かれて実釣開始。水は濁りが入っていて、少し冷たかった。土手に冷たい風が吹き付けていたので、キャストしつつ風の当たっていない左奥のワンドに向かって移動。キング製ラバージグで丁寧にボトムを探るが、なにも反応がない。ワンド奥のアシでワンナップシャッド6inに結び変え、対岸に撃って底引きスローロールを繰りかえしても、無反応・・・と、その時目の前に30p後半くらいのバスが!!そのバスはすぐに沈んでいってしまったが、ある程度の大きさのバスはボトムにべったりというわけではなさそうだ。


左奥ワンドを撃ち尽くしたので、最初の土手に戻る。土手の右端に筧がいて、水中に倒れこんでいる木の周りをワッキーダウンショットで攻めていた。聞くと20p弱を一本釣ったらしい。30p位のをサイトで狙っていたら釣れてしまったそうだ。やはり30p以上のバスはまだ底でじっとしていないらしい。つーか筧、スピニング使うの超うめぇ・・・がく〜(落胆した顔)


また筧と分かれて俺は右奥のワンドへ、筧は俺の撃った左奥のワンドへ移動。右奥のワンドへ行く道はキャストがしずらく、効率よく撃っていくことができなかったが、一番奥は波も風も無く水温も安定していそうな超良い雰囲気!!わーい(嬉しい顔)・・・だったが、なぜか無反応。使っていたナックル(ジャッカルのリッジテールワーム)のセレクトミスなのか、場所が間違っていたのか、キャストが下手だったのか・・・もしかして全部!?とにかく何も釣れなかった。アタリすら無かったもうやだ〜(悲しい顔)4時を過ぎて筧から帰ろうコール。諦めきれずにキャストしたら、これまで経験したことのない大バックラッシュふらふら。再起不能となり、元の土手に引き返すしかなかった。


土手に戻ると左端の取水口あたりで筧が何かをリフト&フォールしていた。
B:B「なんか釣れた?こっちは何も・・・」

筧「6匹釣れた。全部ディープの小さい奴ばっかだったけどね。やっぱ小さいのは沈んでるね〜」

B:B「でも6匹か〜。すげぇな・・・もう帰る?」

筧「うん・・・(ルアー回収中)」

B:B「!?」

筧「・・・!!!・・・なんだコレ・・・バスだ!!・・・」

何と回収中のリトルマックス3/8oz(カラーはクロキン)にバスがヒット!ギャレゴがバットから曲がってる!!見えた魚体は明らかに40p後半!!!(゜o゜;)

B:B「これ50あんじゃねぇ!?」

筧「45は確実にあるけど・・・!」

よく見るとリアフックがギリギリ掛ってるだけ!(汗)慎重にいなし、ランディングしたバスは・・・何と48p!!!色は黒くてコンディションも良く、まだベイトガンガン食ってますよ的なバスだった。いいな〜。筧、おめでとう!!


今日分かったこと。
一つの道具を使い込んだヤツはうまい。そしてそのうまいヤツはスキルもアビリティも運も同時に積み上げてる。筧は中一の時からずっとハートランドZを使ってきたらしい。対する俺は何も使いこなさないうちに新しいものを買ってばかりいるから、釣りそのものが上手くならないんじゃないか・・・(ちなみに俺は新池で魚を釣ったことがない)。
俺は自分で言うのもなんだけどキャストの練習はかなりやったし、確かに少しは投げるのが上手くなった。でも、ルアーを投げる前にできてなきゃいけないことが、たぶんできてないんだと思う。


今日の俺タックル
ロッド:サイドワインダー=ピットバイパー(先日購入)
リール:旧メタニウムmg
ライン:ベーシックFC20lb.
ルアー:ワンナップシャッド6in(ロスト)、スタッガー6in(ロスト)、ナックル5in(フックは3つともツイストロックウェイテッド5/0)、ラバージグ1/2oz×3(トレーラーはデスアダーツインテール、デスアダー6in)











posted by LineBreaker | Comment(7) | Bass | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする