プロフィール
名前:Line Break(ラインブレイク)
一言:Line Break は釣りを中心としたアウトドア活動を行う、三重大学の公認サークルです。
ブラックバス釣りの好きな人達の集まりから始まったサークルですが、 最近では、バス釣り、海釣り、浜遊び、キャンプ、さらに冬季はスノボーなど、アウトドア活動全般を楽しんでいます。 サークルの公式活動は、主に土曜日に行っていますが、それ以外の日にも、仲間同士で声を掛け合って活動しています。
 当サークルは、釣りの初心者から、筋金入りの釣り好きまで、 幅広いレベルの人が楽しんでいます。 それまでは釣りの経験がほとんどなく、サークルに入ってから始めて、その魅力にすっかりはまってしまった人もいます。
  釣り以外にも、バレーボールしたり、フットサルしたり、ボウリングしたり、カラオケ行ったり、飲み会やったり・・・楽しいこと・ 面白いこと大歓迎のサークルです。

リンク集
ラインブレイクHP
firepocky
Fine Boze !
釣りバっカ日記 of Yamao
検索
 
ラインブレイクの方へ

投稿の方法はこちら

2008年09月30日

岬中毒(カツヤ) 

先日の岬合宿で、エンジマに上がり磯で初めてイィ思いをしわーい(嬉しい顔)
NEWミスターエンジマ(自称)を襲名exclamation

味を占めて23日の秋分の日にまたまた岬に行ってきました晴れ
メンバーは、K太郎と大型新人T中マサルグッド(上向き矢印)

でぶトレイルをぶっ飛ばし(えさ市から運転させられる)、日の出前までにうりた渡船に到着車(RV)
なんかルアーマンが多い印象ダッシュ(走り出すさま)

早々に準備を済ませいざ出船船るんるん
何度経験してもタギる瞬間ぴかぴか(新しい)

いつものようにドウネに降ろすと船内はガランとした様子に・・・
そして、前回同様のやりとりが始まるひらめき

船頭「兄ちゃんらどこ乗るんや?」

カツヤ「エンジマで」(二回目)

あと2,3回行けば顔パスいけるんちゃうかなるんるん

磯に上がると50ぐらいのグレが浮いているグッド(上向き矢印)
こりゃタギるexclamation×2T中に適当に仕掛けを教えて釣り開始ひらめき
一投目・・・するとウキが沈み釣り上げると30upのグレ晴れ
逆光過ぎて目が痛いので反対側で釣りしてるT中と太郎のもとへ

しばらくしてT中のウキがギューンexclamationテンパりながら合わ
せるとドラグが出ているたらーっ(汗)魚影が確認できるとこまで
寄せてきて・・・おっexclamationマサバやひらめき
マサルがマサバを釣り上げると思い、タモを準備した瞬間・・・
マサバがエンジマの周りを回り始めて半周してプッチンふらふら
マサルがマサバをバラし、太郎がモンスターにブチ切られ(ゴジラかな)
岬っぽいなと思ってると風が強くなってきてダッシュ(走り出すさま)うねりが
出てきてドウネの人達はみなアシカに避難あせあせ(飛び散る汗)

一方エンジマは、お構いなしな平穏な感じわーい(嬉しい顔)
それから、ウブな磯のアオリとイガミを追加し、
いよいよミスターエンジマ本領発揮と思われた10時半過ぎ
船が近付いてきて。。

船頭「風出てきたから辞めよか」

・・・・終わった。。もうやだ〜(悲しい顔)

大荒れの中、船頭の船さばきに感動しながら11時帰港あせあせ(飛び散る汗)

ぴかぴか(新しい)本日の釣果ぴかぴか(新しい)
K太郎:ハゲ、ゴジラ(バラし)
マサル:オキナヒメジ、マサバ(プチン)
Mr.Eジマ:口太(30up)、ガシラ×2、イガミ、タテノハ(タカノハ)

自然には勝てないとはいえ不完全燃焼やわぁ〜ふらふら
この借りは採集で返すしかないねるんるん


この釣行記を書きまくってみんなで千夜釣行目指しましょ手(チョキ)
posted by LineBreaker | Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

やすいペットボトルbyやすい

こんばんは安井です!昨日の夜は知る人ぞ知るS川で久し振りにウナギつりにいきました!(吉村と)

ウナギは時合が日没30分後から1時間ほどなのでそれに間に合うように大学でミミズを掘る,掘る,掘りまくる


いない いない 全然いない


誰かミミズの居場所を教えてください笑


まぁそんなこんなで必死こいてミミズを少し集めたら時合がせまっている!!

いそいで現場へ急行し,釣りの準備をする

そう,知る人ぞ知っていますが私の竿はペットボトルなのです

やすいです.

1本あたりだいたい100円しないっす.

これをいつもは岸辺に15本くらいずらーーーーーーーーーっっとならべます.

ウナギがかかったらパタンと倒れます.

この釣り,おもしろくて安いので興味のある方はぜひ…笑



今回は時間がせまっていたので5本だけにしました.

入れてすぐ パタンっ と倒れて引き上げると60センチのふっといUNGが!!!

テンションあがってきました!

すぐさまパタンパタンとたおれる!

アゲてみる!


ハゼ ハゼ ハゼ ウナギ ハゼ ハゼ ハゼ ハゼ

みたいなかんじで合計2本のふといウナギと7匹のハゼをつりあげましたー♪

ウナギは今が旬なのでぜひペットボトルdeウナギ釣りへいきましょう!!
posted by LineBreaker | Comment(5) | 五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

岬合宿2日目(シャア)

だいぶ遅れたけど書きますあせあせ(飛び散る汗)
2日目は渡船と地磯に分かれました。俺はどうしてもヒラを狙いたかったので遠山さん、ヤマさんと本州最南端の地磯へ。

薄暗い中ポイントに到着するとサラシがいい感じに出ているexclamation×2

いきなりヤマさんから「ヒラが出た!」と言われて俺もミノーを投げてみるとアタックしてきたけどバラシ…ヒラの姿が見えただけにかなり悔しいあせあせ(飛び散る汗)

その後2度アタリがあったけどのらない…
ヒラスズキは捕食が下手だと聞いていたけど今回はそれを実感しました。
ただ、自分の焦りすぎもあったのでまだまだ力不足だなぁと思いました。

この後はランガンに行ったり、ストイックに投げ続けたけど反応はなし…


この日はノーフィッシュだったけど前々から憧れていたヒラスズキに挑戦することができ、悔しさもあったけど充実した1日でした。


全体的にうすかったけど、初の岬ということもありとても楽しく、大満足でしたexclamationほんと行ってみてよかったです。
今後はもっとクレイジーになってしまいそうですが…






posted by LineBreaker | Comment(3) | ショアジギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

岬合宿1日目(シャア)

13,14日に岬合宿に行ってきました。夜中の12時集合で、岬まではとんでもなく遠いイメージがあったけど、初の串本で青物とヒラスズキのことを考えていたらいつの間にか到着していましたグッド(上向き矢印)

1日目はまず大島の地磯。いよいよだなぁと思いながら準備をしているといきなりガンダムさんにヒットexclamation×2そうとうデカそうだったけどまさかのフックが伸びてバラシ…これには驚きました。あんなごっついフックが伸ばされるなんてあせあせ(飛び散る汗)

ヤマさんからショアジギのキャスティングについていろいろ教えて頂き、俺もk-tenのミノーを投げ出すけど反応はなし…
まわりではツバスが釣れ出し、まっつんさんはでかいハタをかけていて余計に焦り出しましたあせあせ(飛び散る汗)
ここでk-tenのポッパーにチェンジしてひたすら投げ続けていると次第にアタリが出るようになり、やっとのことでのせて釣ることができましたexclamation
ツバスだったけど念願の磯での初めてのルアーによる魚ということでめちゃくちゃ嬉しかったです手(チョキ)

その後は一安心して昼飯を食っていたらヅメさんがダウンバッド(下向き矢印)20%オフのランチパックは危ないですねあせあせ(飛び散る汗)

その後は暑くなってきたけどまだまだ元気だったので投げ続ける…
すると「バキッ」とイヤ〜な音が。竿先を見てみるとあるべき部分がなくなっていてなんかロッドが短くなっているどんっ(衝撃)

……完全に折れてましたバッド(下向き矢印)しかもちょうど第2ガイドの下からバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)まだ半日しかたっていないのにこのサゲっぷり。めっちゃへこみましたもうやだ〜(悲しい顔)

ヤマさんからトップガイドを付けてもらえればなんとかなると言われて少しは希望が湧いたけど、大きな釣具屋もなかったし正直言って半信半疑でした。

でも近くの釣具屋に持って行ってみると300円ですぐに違うガイドを付けてもらえましたグッド(上向き矢印)もとのロッドが少しやわらかめだったということもあり、なんとか使えそうな感じでした。この時わざわざ釣具屋まで連れていってくれたヤマさんには本当に感謝してますexclamation

磯に戻ってからは折れた原因になったPEの絡まりに注意しながら釣りをしました。自分はキャストがまだまだ未熟なので今後がんばっていきたいです。

その後はナブラの中からシオが1匹釣れたのみで、だんだんうねりも強くなってきたので1日目の釣行は終了。この日一番アゲていたのはジグで大きなハタを釣ったまっつんさんでしたグッド(上向き矢印)


この日は激安の少年自然の家で泊まることに。なんだか訳ありっぽい感じがしたけど、結構いい所でした。

この時は明日に備えて寝るものとばかり思っていた自分ですが甘かったですたらーっ(汗)
1日中ルアーを投げ続けていて限界だった体にまさかのビールビール
めっちゃカオスでした。でもなんだかんだ楽しかったですexclamation

こうして次の日のヒラに期待を寄せながら長い長い1日が終わりました。




posted by LineBreaker | Comment(6) | ショアジギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道遠征記 part3〜ナチュラルドリフト〜 by てらお

9月1日
この日は朝から忠類川に向かった。基本的にサケ・マスを河川で捕獲することは全道で禁止されている。この忠類川は釣り人にサケ・マス有効利用調査という名目で、事前申し込みをすることで釣り人に調査員という形でサケ・マス釣りを解放している少ない河川である。

朝6時、忠類川の受付に到着すると、すでに20台ほど車が止まっていた。道外ナンバーも多く全国からたぎった釣り人が集結していることが分かる。受付を済ませ川までは自転車を利用する。受付から林道を通り川に移動する為に無料で貸し出されている自転車で通称『サケチャリ』かなりジャンクなのが多かった(笑)

川に着くといかにもって感じの一級ポイントにはすでにたぎった釣り人が竿を振っていた。取り合えず、人のいないポイントで始めた。
今まで長良川でサツキマスを狙っていたときの経験をフルに使いポイント選ぶ。

淵の流芯の脇にスプーンを送り込む。イメージでは底付近をスプーンをキラめかせながら魚の鼻先に送り込む感じ・・・
すると数投目、微かにスプーンの流れが止まった。。。試しにアワセるといきなりヒットどんっ(衝撃)
かなり良い引きるんるん下流のチャラ瀬に入り込まれないように誘導し、ランディング手(チョキ)50upのメスのカラフトマスぴかぴか(新しい)
ようやく北海道にキターって感じだグッド(上向き矢印)
そしてその後怒濤の二連続ヒットどんっ(衝撃)完全にパターンを掴んだ

その名も『スプーンのナチュラルドリフト』(笑)
通常にキャストして流れを横切らせてリーリングすると流れがキツイため、スプーンが浮いてしまい魚のいる層を泳がすことが出来ないばかりか、スレ掛かりが多発してしまう。。。そこでナチュラルドリフトexclamationこれは完全に渓流のエサ釣りの応用になる。

まず、アップクロスにキャストし、リーリングは糸ふけを取る程度にし底にスプーンを送り込む。底すれすれのラインで細かいトゥイッチを加えながらナチュラルに流す。自分よりも下流に行ったらまたキャストをし流す。

そしてこの日はこれが大当たりひらめき次々にヒットを量産した。
結果マス14本、サケ1本グッド(上向き矢印)バラシた魚も入れれば軽く20本以上は掛けただろう。。。

そしてこの日は調査員39人でマス135本、サケ3本

受付の人曰く「忠類川では10%の釣り人が90%の魚を釣っている」
要は釣れる人は沢山釣れて、釣れない人全然釣れないってこたらーっ(汗)
とりあえず90%の人の中に入らなくてよかった(笑)
この日の夜はちゃんちゃん焼きをたらふく食べ、イクラを醤油に漬け込んで寝た。

そして次の日も忠類川で釣りをしまずまずの釣果を得たので、この地を後にし、次の日からワイルドレインボーを狙うため網走に向けて移動を開始した・・・


二週間分書くのしんどいな〜まだ半分ぐらいあせあせ(飛び散る汗)
ここまで書いたし、何とか全部書きますダッシュ(走り出すさま)
posted by LineBreaker | Comment(4) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

癒しのナベP

9/14日、今日はナベさんの提案で梶賀へキス釣りに行きました。参加したのは、ナベさん、ジョスエさん、俺(ビッグベイト)、あと他の1年生が参加できなかったので、和久井さんでした。和久井さんが釣りに来るのは奇跡(ジョスエさん談)だそうです。まぁこんなレアな組み合わせで行ってきたわけですけども、
まず集合が朝の2時!!!!・・・メーリスの「癒しのナベP]って・・・超タギってんじゃん!むしろ俺寝て無ぇよ!!行く前から眠い、ダルイ、正直キツイ!!!ナベさん曰く、「これは、癒しのタギリ」らしい。これがラインブレイク・・・オソルベシ

で、エサを買って梶賀のボート乗り場に着いたのはいいけど、何なんだココのボートは!?ボートが桟橋の上にひっくり返っていて、どうやら自分たちで降ろして乗るらしい。気を取り直してボートを下ろし、チームを決め、(ナベさん&和久井さん、ジョスエさん&俺)荷物を乗せて出船・・・したとたん今度はオールの白い留め具がとれた!しかも2艇とも!!もうホント、ここのボートはスタミナ丼並みにジャンクだった。

そんなヘボいオールで移動しつつポイントを探してキス釣り開始。まあまあのサイズがパラパラと釣れるが、イマイチ・・・と、思っていたところ、「キタッ!」とジョスエさんのアライバルが40UPのバスをかけたように曲がり、ドラグが出されていく!!ファイトの末上がってきたのは、なんと二ゴイのような27.5pのキス!!!デカい・・・この日は水深が50pないようなシャローでのアタリが多く、このビッグキスもそんな浅いところにいたようだ。
しかし、後が続かない。釣れる間隔が長くなりサイズもアップしない。10時過ぎにはほとんど釣れなくなってしまった。これでは癒しにならん!!ということでアジを狙ってみるも、20pが6匹のみ。ウスすぎる!!!この釣り場はアジがよく釣れるらしく、昨日は30〜40pのアジが30匹以上あがったそうなので楽勝爆釣だと思っていたのに・・・マジでなんも釣れねぇ!とうとう昼ごろには雑魚すら釣れなくなり、ジョスエさんはフテ寝。ナベさん艇も同様らしく、ついには和久井さんのトイレに戻ったときにナベさんが桟橋で爆睡!一人でブラブラする和久井さんを見てやりきれなくなり、こっちも引き上げることになった。

ホントは午前中だけのプランだったが、これでは帰れんということで、夕方のアジを狙うべく3時半から再出船。旅館のオバサンに言われたポイントで2艇を繋ぎコマセを撒きまくる・・・が、アジが来ない・・・全然来ない・・・5時になってもほとんど釣れず、6時の帰着まで1時間を切ってしまった。

そして5時15分。「キターーーーッ!!!」「・・・!!!」「キタッ!!!」「きたぁ〜!!!」それまでの不調がウソのように、ボトムをサビキしていた4人のロッドにアタリが!ここからは止まらない!!ジョスエさんはサビキのすべての針にアジをかけ、ナベさんは35pくらいあるアジを釣リ上げた。特に和久井さんは、どうしちゃったの?ってくらい釣りまくる!!しかもサイズが何気にデカい!!5時半からは完全にナベさん&和久井さんタイム。サイズはほとんどが20p後半〜30p前半で、この2人だけにアタリが続発!2艇は完全にくっついているのにナゼかジョスエさんと俺は全然釣れない・・・ウスイ。多分、俺のせいだ・・・ジョスエさん、ゴメンナサイ。このあと6時までナベさん艇が釣れ続き、ジョスエさん艇はほとんど釣れないまま終了となった。かけたアジに巻かれるのを防ぐために遠くのものをとるようなポーズでファイトするナベさんは、見てて面白かった(笑)

あんまし釣れなかったのは悔しいけど、全体としてはキスが3、40匹、アジが2、30匹釣れたので満足だったし、何より釣りをしてて楽しかった。やっぱ淡水だろうと海水だろうと釣りをするのはオモシロイ!!バスのようにアジを電撃フッキングしていた俺(今度からその釣りに合ったフッキングします・・・)は、センパイからはどう見えたか分かりませんが、これからもいろんな釣りをしていきたいな〜と思った1日でした。コマセ臭いけど。スゲー臭いけど。釣った魚は俺の家でさばいて、皆で分けてお持ち帰りしました。刺身、ウマーーーー!!!!
posted by LineBreaker | Comment(6) | 五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

北海道遠征記 part2〜森のクマさん〜 by てらお

31日 朝五時
心地よい眠りから自然に起きた。
この時、すでにジムニーで寝るという技術をマスターしていたおかげでこの後の旅が相当楽になった。

目指すは知床の小河川(小河川なんで河川名は伏せます)
狙うはオショコマ!天気は曇り・・・絶好の釣り日和

標津から羅臼に向かう途中、道路に何か茶色い塊が飛び出してきたどんっ(衝撃)

・・・プーさんだがく〜(落胆した顔) 
たぶん100kgちょいぐらい(←かなりテキトー)の幼獣と思われる
正直かなりビビッたあせあせ(飛び散る汗)

川に着き河口から1kmほど上流から釣りを開始した。
常にヒグマを警戒し、熊スズを鳴らす
渓相は山岳渓流を呈しているが、潮の匂いと空にはカモメが飛んでいる

まず、渓流ルアーの一軍であるD-コンタクトからスタートした
一投目から20cmほどのオショロコマが釣れたわーい(嬉しい顔)
P8310020.jpg




この後もポイントごとに魚の反応は続き、時たまヤマメが混じる感じだった。その後昼までに2本ほど川を回ったが同じように釣れ、飽きたので止めとした。

昼は道の駅でイクラ丼にがっついた。
ホタテの味噌汁と店員のおじさんのサービスでボタンエビの刺身も付いて1300円はなかなかお得だったグッド(上向き矢印)

午後は羅臼漁港で釣りすることに

トラウトパラダイスである北海道は、実はロックフィッシュパラダイスでもあるらしい・・・
テキサスでカジカやアイナメ、ソイが入れ食いと思いきや・・・何も釣れん(笑)

完全試合でした・・・

しか〜し、漁港内にはサンマの群れ揺れるハート
どうやら迷い込んで来たみたいだが、一面、サンマ、サンマ、サンマ・・・
赤虫バリを落とすと、エサも付いてないのに釣れる(笑)むしろ引っ掛けたほうが早いぐらいで、入れ食いだったグッド(上向き矢印)

晩飯用に数匹キープして、温泉に入りキャンプ場でテントで寝た眠い(睡眠)

次の日は、待ちに待った忠類川でのサーモンフィッシングるんるん

part3に続く

posted by LineBreaker | Comment(3) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

北海道遠征記 part1〜洗礼〜(てらお)

8月27日夕方、あらゆる釣りに対応できるよう有らん限りの道具を車に積み込みフェリー船に乗るために敦賀に向かった。
フェリーに乗り込むと周りに同年代がいないという完全アウェー

これから始まる長い旅に備えて、到着までの20時間ほとんど寝て過ごすことになった眠い(睡眠)


28日 夜
ようやく船は苫小牧に到着した
天候は雨雨むしろ霧霧って感じ・・・
不安を抱えながら、明日の釣り場である襟裳岬付近に向けて出発したダッシュ(走り出すさま)

途中道の駅で寝るために荷物をあさっていると・・・ないたらーっ(汗)

積んだと思った渓流竿がないあせあせ(飛び散る汗)
完全に家に置いてきました(笑)
もう諦め、明日から始まる釣りに期待を膨らませ雨の降る中車で眠った眠い(睡眠)


29日
朝5時に目を覚ますと雨は降っていなかった
これは行けるexclamation&questionと思い、襟裳岬に寄り道しながら釣り場に向かうことにした。しかし、襟裳岬が近づくにつれ霧がひどくなり視界はほぼゼロ霧
当然のごとく襟裳岬からは何も見えず、さらに天候悪化で国道が封鎖され、50kmの道のりを戻ることになった(薄い)

この後天候がさらに悪くなり土砂降りになる雨
どこの川もカフェオレあせあせ(飛び散る汗)
迷走しながら、気づけば屈斜路湖まで来ていた
結局この日一切釣りすることはなかった。

30日
早朝5時
一応雨が降っていなかったからキャンプ場付近のインレットで釣りをしてみた。小一時間ほどミノーをキャストするも一切反応なし・・・

諦めてこの地を後にすることに車(RV)ダッシュ(走り出すさま)

しかし、ここからが最悪・・・

釧路川に行くが土砂降り・・・釣りできず
標津→羅臼→斜里とさまようがどこに行っても雨・・・がく〜(落胆した顔)
気づけばまた屈斜路湖に帰って来ていた
しかし、雨は降っていない・・・これなら大人しく雨止むの待っていればよかった。
そして増水している釧路川で釣りするが、流れがきつ過ぎてどうにもならないあせあせ(飛び散る汗)数匹チビアメマスを釣って終わりとした・・・が、何処から川に降りたか分からないがく〜(落胆した顔)

周りは背丈以上の藪。。。完全に方向感覚がなくなり焦る
特にこの周辺はヒグマの頻出地帯・・・
むやみに藪こぎするのは自殺行為

散々さまよって道路を見つけたときは本当に感動したもうやだ〜(悲しい顔)

明日は知床に行くことに決め道の駅で眠りについた眠い(睡眠)



何かかなり薄い出だし・・・
しかも、この後一週間天気予報が雨になっていたのをよく覚えている
本当の釣りが始まったのはこの後から(笑)

part2に続く
posted by LineBreaker | Comment(4) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

琵琶湖

僕にとっては毎年恒例?の琵琶湖合宿を行いましたexclamation

今回は9月9〜11日の3日間釣りしたわけなんですが、初日は小バスに終わるといういつもの展開(苦笑)。

2日目はマイゴムボートを使って南湖の真ん中まで行き、近年流行のパンチングをしていった結果、2時ぐらいに40アップが2本釣れ、3時ぐらいに自己新記録となる52cmのビッグバスが釣れちゃいましたわーい(嬉しい顔)

キタ〜手(グー)って気分です

3日目は朝の五時からボートを出し、1番のりで琵琶湖の真ん中に到着。まずは佑地がジャイアントDOG-Xで45cmのランディング!俺も負けじとDゾーンで48cmをゲット手(チョキ)すると佑地もミニブロスで49cmをゲット!
朝は巻物が楽しかったです。日が昇ってきてからはひたすらパンチング・・・・その結果、佑地は51cmと40アップ2本で僕は40アップ1本にてお昼ごろに終了。朝からやってて、しかも猛暑やったんで限界でしたあせあせ(飛び散る汗)

まぁ琵琶湖合宿は僕の中では大成功に終わりました。
楽しかったっすわぁるんるん
posted by LineBreaker | Comment(5) | Bass | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

ハゼPプラ(モク)

前回の龍くん企画「ハゼP」が雨で流れたため、昨日カツヤ、ジーコ、龍くんと白子漁港にハゼPのプラ行ってきました!

一回はいっとかないかんな〜と思いつつ当日もグダグダして行けそうにない感じ・・・・
これはいかんってことで、俺のいすを占領して爆睡してるジーコを叩き起こし、ヒマそうにバスを眺めてるカツヤと龍くんを拉致し、4時半に出発!(遅たらーっ(汗)

遊で餌を買い、遊の前ですれ違ったgatsuを召集。(3分で帰宅)
5時到着!
平日やというのにすでに十数人の釣り人ががく〜(落胆した顔)

はじめに河口からやや上流のポイントで釣り開始。
しかし根掛りしまくり、龍くんは一投目で仕掛けを全損する始末・・・・
IMG_0861.jpg


時間もないので河口よりにすぐ移動。
このポイントは根掛りもなく一番マシな竿を使っていたジーコが釣りまくるどんっ(衝撃)

今回急な釣行ってことでタックルはかなりジャンク爆弾
俺タックル・・・ガチガチベイト竿にスピニングリール(ジャンク)
カツヤタックル・・・ガチガチスピニング竿(ちょいジャンク)
ジーコタックル・・・ライトのスピニング竿(普通に使える)
龍くんタックル・・・my竿ハゼスペシャル(笑)
ハゼなんてなんでも釣れるやろ〜と思いきやガチガチの竿だと全然乗らないふらふら

それでもなんだかんだ工夫して常に誰かは釣ってる状態が続き、暗くなってアタリも少なくなり、カツヤだけドラマ魚が釣れずに終了!
終わってみると2時間で57匹の大漁!!!?
最後の30分はいらんかったな〜あせあせ(飛び散る汗)
IMG_0865.jpg

夜はそれはそれは盛大な宴が開催されましたとさぴかぴか(新しい)
龍「こんなうまい魚がまだあったとはひらめき
カツ「ノータッチ野菜炒め、まさかの伸びしろ」
ジコ「手長えび生です・・・」
IMG_0913.jpg

最近飲み会がないで飲み会恋しくなったな〜
4年生はビール飲めるようになろうねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


写真は後でジーコがUPしてくれるはず手(パー)

今日の寝言
「岬は遠いからな〜眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)でも引きは最高!」
言ってないと思うんやけどたらーっ(汗)
posted by LineBreaker | Comment(3) | 五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

四日市でチーバス(P)

昼食に立ち寄った○屋にて、釣り友達Yと久しぶりに会う。

話を聞くと、最近釣りを再開しており、昨日は四日市港でセイゴが入れ食いだったとか。

面白そうなので、行ってみることに。

現場には午後8時半ごろ、満潮の少し前に到着。

先行していたYは35センチほどを1尾と、50近いのをバラしたらしい。

早速、自分でもここでの実績ルアーCD5にて攻める。

すると、アタリまくり。でも、ちっとも掛からない。

よーく見てみると、ちっちゃなセイゴが健気にルアーを追っかけてくる…トップにも出る。
昨日は30〜40cmが多かったようだが、どうやら今日は群れが小さい模様。

そのうちYは嫁さんに呼び戻されて帰宅したため、セコ釣り開始。
グラスミノーSを付けると釣れるわ釣れるわ…チビシーバスくん。
サイズは、20アップが時々…

こんなの入れ食いもしょーもないのでミノーに戻す。
CD5に反応がイマイチになってきたため、アスリートに換える。

すると、バイトが連発し、しかもサイズがちょっとまし?
といっても最大は35cmでしたが…

今回はチーバスくんに遊ばれて終わりましたが、いいときはもう少し大きめのセイゴが遊んでくれます。
トラウトタックルで遊ぶと楽しめます。

ちなみに今年の四日市周辺は新子セイゴが相当多いようです。
再来年あたり、面白いかも。
posted by LineBreaker | Comment(3) | ソルトルアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

はじめに

ラインブレイクの方へ

よかったら釣行記書かないですか??
磯掲示板はありますが、他の釣りの掲示板はないので・・・


なんか知らない間にいい釣り&いいサゲをしてる後輩!!
だまってちゃ〜ダメやで

やはりツボを押さえている先輩の方々!!
少しでもヒントをご教授下さい

スケールの違う大先輩の方々!!
もし良ければ夢を見させて下さい

ジャンル問わず
釣果問わずでいいのでお気軽にどーぞexclamation×2

適当なカテゴリーが無ければ自分で作ってください。
他にも勝手にいじってもらってOKです。


(注1)画像はある程度サイズを落としてください。
(注2)ウス×A釣行の場合のみ匿名OKですexclamation×2
(注3)他の人の記事はいじっちゃ×



投稿の仕方ですが、、、
わかりにくいみたいなんで詳しく

このブログの1番下にある Powered by Seesaa をクリック

上の方にあるブログってとこからマイ・ブログへ

そこでメーリスで送ったメアドとパスワードを入力でOK!!

そしたら管理者ページにいけると思います。
そこでお気に入りに入れとけば、すぐ投稿や編集できるようになります。

ミスっても後から修正できるので、お構いなく手(チョキ)
posted by LineBreaker | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする